人生の全てをコンテンツ化して「楽しみながら稼ぐ」生き方

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

大学生時代に絶対外せないやるべきこと16選

ナベヤン
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ナベヤン
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

大学生活は、人生を変えるといっても過言ではありません。大学生の時に自分を磨いて人生を築いた人は、そのあとどんなことがあっても自分で生きていけます。

 

大学時代にやることで、学歴以上に大きく人生を左右させます。でも、いくらやる気があっても何をしたらいい変わらないって人も多いでしょう。

「時間が余っている」

からこそ余計なことやいらないことに気を取られてしまいがちです。

大学生活でやりがちな失敗
  • とりあえず資格を取る
  • TOEICをとる
  • バイトとサークルに勤しむ

などなど、一般的な普通の大学生の大学生活ではあまりにも勿体無いです。

今日は、大学生活で受験に失敗した不満だらけの始まりだった僕が大学4年間でどれだけ人生を好転させたのか?というのを話していこうと思います。

1.とりあえず童貞と処女は卒業しておけ

童貞
童貞や処女を卒業することって、実は一ミリも難しいことではありません。恋愛で好きな人を恋人にすることと童貞を卒業することは全く別物です。

 

僕は、大学1年生の時は一切何もなく、童貞をキープしました。浪人をしていたので大学1年生が終わり春休みになり、僕は危機感を募らせていました。なぜなら、20才童貞から21才童貞になりかけていました

 

「はたち童貞」はなんか許せるけど、21才童貞は許されない気がしていました(笑)

このままじゃ一生童貞だ。。。

わたなべ


そう思った僕はとにかく行動しました。なんとスーパーの店員に手紙を配って回ったんですよ(笑)その時の内容が、


初めまして、現在20才の渡邊と申します。
以前お店で見かけたときに綺麗な方だなと
思いました。

もしよろしければお食事にでも行ければなと
思い手紙を書きました。

LINE ID

電話番号


ちなみに、以前見かけたことはありませんでした(笑)初見です。で、こんな適当なやり方でもなんと10人くらいに配ったら1人から返ってきたんです。童貞や処女を卒業するためには、もはや出会いを増やすだけです。


「出会いがない」は、完全に嘘です。

出会いは自分で作り出すものです。ネットを使えば誰でも出会いを作り出せます。僕も大学2年生の時ネットでの出会いでいろんな女性に慣れることができました。


一番のオススメはPCMAXです。

PCMAX
PCMAXは業者が圧倒的に少ないですし、10年以上の運営歴から信頼度もわかるでしょう。

 

また、広告にとんでもなく予算を掛けているので、新しく女性も多く登録しています。

 

友達と一緒に「いい男いないかな〜」って調べながらやるものなのです。だから、女の子も普通に可愛い女の子がきます。あまりにもモテないからもう登録せざるを得ないような女の子はいません。

 

ちなみに、Facebookと連携することで、あなたの友達には絶対にバレないようになっています。同性には絶対にバレないです。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

2.大学時代にナンパはやるべき

一歩踏み出す勇気〜ナンパ編〜
まあ、童貞をナンパで卒業した僕は、味をしめてナンパをするようになりました。Twitterでナンパ仲間を募って一緒に渋谷に繰り出したりしました。

 

そのおかげでそんなに多くはありませんが、数名の女性と関係を持つことができました。ストリートナンパなんて20歳まで童貞だった僕には関係ないように見えるんですが、実はそんなことはありません。

 

むしろ20歳とかつい最近までくすぶっていたような人にナンパはめちゃくちゃオススメしたいです。意外と堂々としてたら、女性は興味を持ってくれるんです

 

女性は、男を「優しそう」とか「信用できる」とか、そういうので選んでいるんじゃなくて、「強そう」とか「守ってくれそう」とかで判断しているんだな、ってことがわかりました

ライオン王様
「優しさ」「一途」こんなものはまゆつば物で、精神的な安定だったり頼れるようなことが重要なんだなってつくづく感じました

 

僕の場合は、大学卒業後就職することなく独立したので、時間の余裕がありますが、普通の人はなかなか就職したらそんな時間もありません。今のうちに行動してみることをお勧めします。

 

はっきり言って、人生変わります。ナンパしたかったらぜひ一緒に行きましょう(笑)

3.高嶺の花に恋をする

美女
大学生の間に高嶺の花に恋をしましょう。なんとかしてでも彼女にしましょう。僕は誰もが振り返るほどの美女(モデル)と一度付き合うことができました。

 

別に僕はそんなに身長は高くないし、イケメンでもないですが、でも積極的にアプローチすることで案外なんとかなってしまうもんです。

 

別にお金があったわけでもないし、その子はモデルだったんですが、周りには金持ちもイケメンも居たでしょう。高嶺の花と付き合えるのは、高嶺の花に告白した人だけです

 

働き出したら、同じ職場だとか言って結局大学生の時よりも付き合うためのハードルが高くなるんです。大学時代に高嶺の花を目指さなかった人は一生高嶺の花と付き合える日は来ません

 

嫌われるんじゃないかな〜とか言って諦めたところでなんのメリットもありません。告白しなかったら一生関わりがなくなるだけだし、告白して振られたんと何も変わらへんわけですよ。

4.ニッチな業界を支配してみるべき

受験化学業界の支配 受験化学
今って、個人がどれくらい輝けるか知っていますか?「受験化学」と調べることで、僕の名前が虫眼鏡キーワードで出てくるんですよ。

 

そして、広告をかけている人を除けば、僕のサイトが一番上に出てくるようにできるんです。これは普通にブログで情報発信をする方法を学んだからです。

 

このように、ブログを書くことで、1つの業界を支配することができるんです。しかもたかだか大学生一人でですよ。こんな夢がある時代はないです。


本当に大学生が一人で頑張るだけでこれくらい余裕で可能な時代なんです。大学生の間に何かニッチな業界で一番を取る経験をしてみたらどうですか?個人が誰でも情報発信できるこの時代なら誰でも可能ですよ。

5.ブログを書きまくってよかった

ブログ
書いては潰して書いては潰して、たくさんの記事を書いてきました。そのおかげで月間53万PVのブログを作ることに成功しました

月間53万PV
こんなブログがたった1つあれば、十分に飯を食っていくことができます。ブログを作るには、割と時間がかかることなので、大学生の間に1つでいいから月収40万円稼げる飯のたねを作っておくべきです。

 

そうすると、もし就職に失敗した時でも十分に生きていくことができます。だって、新卒で就職した人の離職率が30%を超える国ですからね。予防線は大学の間にしっかり貼っておきたいものです。

合わせて読みたい

知らないとヤバイ!大企業に就職するデメリットをまとめてみた。

この記事では、多くの就活生が入りたい大企業がいかに見かけだけの安定なのかということを徹底的にまとめています。「安定」「世間体」だけの就職の危うさを書いています。

ソルジャー採用とは?本当にあなたは大企業に就職していいのか?

大企業は入社できればいいわけではありません。入社してからでも3年で離職率が30%を超えるし、離職できない人も大勢います。半分以上の人が就職に失敗している現実を書いています。


なので、いつでも逃げられるようにブログは書いておくべきです。僕も卒業するまでに毎月40万円が不労で入る仕組みを作っています

 

僕がブログでビジネスを作り上げた方法を電子書籍にまとめたので、ぜひダウンロードして読んでみてください。

ブログビジネス大百科をダウンロードする

僕が受験化学業界を支配した方法も書いています。

6.人に使われる経験をしておくべき

顎で使われる
僕が起業してやろう!って思った理由の大きな1つに人に使われる経験をしたことにあります。あなたが働いたかどうかは、「結果」よりも「評価」で決まります

 

塾講師、引っ越し、マクドナルド、でアルバイトしてきましたが、どれも評価者の前で仕事をしている必要があったのです。まあ、これがアホらしかった。

 

マクドナルドでは、他の時間帯でどれだけサボっていようと、店長の前でだけキビキビやっていればそれで評価されます。それ以外の時間にいくら人に迷惑をかけてサボろうとも店長にさえ評価されればいいのです

 

こういうところでうまいことできる人は、本当に羨ましいです。僕はそれほど上手いこと生きられませんでした。人に評価されずに結果を出せる世界のよさを知っているからこそ頑張れるのです。

 

マイナスを知っているからプラスがプラスであることがわかるんです。必ず1度は人に使われることへのフラストレーションを味わっておくべきです

7.自己啓発本・成功法則本は3冊は読むべき

ヒトラー
自己啓発本と聞くと、意識高い系大学生が読むだけ読んで、行動できてない口だけになっている悪いイメージがあります。でも、人間誰しも思考→言動→行動→結果の順番で変わっていきます

 

なので、自己啓発本や成功法則に関する本は3冊は読むべきです。というのも、世の中の成功者は普通の一般的なサラリーマンになる人と全く考え方が違います。

 

例えば、僕がビジネスを二人に教えたとして、成功者の考え方を持っている人、労働者の考え方を持っている人、ではビジネスの成功率が全く違うんです

 

まずは、成功者の思考を手にすることが一番の成功への近道です。

8.時給∞の世界にいくべき

時給をあげても自由になれません
僕は、ここ2年ほど時給で仕事をしたことが一度もありません。時間労働は、働くことをやめた時点で収入が途絶える働き方のことです。サラリーマンもアルバイトも全部時間労働です。

 

時間労働は、たとえ時給が3万円になろうとも自由にはなれません。時給3万円だろうと次の月働かなければ一円ももらえません。一方で僕は日給3万円以上を時間労働以外で稼ぐことができています。

 

世の中の多くの人はお金持ちになりたかったら時給を上げなければならないと考えます。でも真逆です。時給を上げるための努力は、この世でもっとも無駄です

 

僕の労働の仕方は、農業に似ています。田植えをしているときは、一切収穫はありません。ですが、働き終えてしまえばあとは収穫をするだけなのです。

 

だから、僕の不労所得はタネも仕掛けもあって、タネを撒きまくったからです。ブログの1記事1記事もそうです。ブログ記事は僕がパソコンの前にいなくても十分稼ぎ続けられますからね


 

あと、時間労働って全然やりがいがないんですよね。やればやるだけ自分の資産になる資産労働じゃないので、僕がやっていたマクドナルドのバイトなんかでは、

あ〜、まだ23時にならないのかな〜

わたなべ


といつも気だるく働いていました。めちゃくちゃ時間の無駄だったと思います。ただ、これもバイトしてみないと絶対にわからないことです。

 

時間労働をすることで、いかに時間労働が無駄かということがわかるのです。

 

9.借金は一度はやるべき

借金
僕は、大学生の間にいろんな借金をしました。クレジットカードは当然のこと、学生ローンからも借金をしました。大学生の間に借金を一度経験しておくべきです。日本人は思考停止して借金=悪いことだと考えがちです。

 

しかし、借金というのは未来の可能性を先に手に入れられる仕組みです。

 

クレジットカードの借金くらいは全く問題ないです。20万円の商品を購入するのにクレジットカードを切ることで、月額2万円で受講することができたり、月額1万円のサービスに変えることができます。

 

人生で本当にチャンスだと思えることは、意外とハードルが高かったりします。でも飛び越えようと思えば飛び越えられるハードルです。まさに20万円とか、、、

 

で、そのハードルを超える時に、普通の人は貯金してから飛び越えようとします。でもそれだと20万円貯まるまでに一年以上かかってしまいます。

 

何か可能性を広げるための借金は全く悪いものではありません。日本人特有の借金への悪い感情を持たされているだけです。

10.お金の勉強は必ずやるべき

お金
日本人のお金の教育レベルの水準はあまりにも低いです。僕の2年前のお金に対する考え方と、今のお金に対する考え方は全く異なります。

 

お金の勉強があまりにもできていないせいで、お金に振り回され続けて死んでいく人が多すぎます。ただの経済システムにすぎないお金。

お金に関する間違った認識
  • 金持ちは悪である
  • お金は大切に使え
  • 老後のために貯金せよ
  • etc

これらに当てはまっている人は、まずお金に関する知識が親や学校での間違った教育になっています。日本人はお金をありがたがるわりに、お金を稼いでいる人を叩きます。

 

資本主義なのに、ここまでお金のことがわかっていないのは異常な状態です。ですが、逆にお金のことを少しでもわかるだけで日本でめちゃくちゃ生きやすくなります。

11.学歴コンプレックスのどん底を味わってよかった

学歴コンプレックス
僕は、大学受験で浪人した挙句失敗しました。さらに追い討ちをかけるように、大学1年生の時に入った寮で僕と同じ高校で現役で東大に合格したやつとルームシェアすることになりました。(しかも、そいつよりも童貞卒業が遅かった、、、クソ)

 

超優秀な歳下との出会いで僕は自分への苛立ち、怒りを溜め込みそれが原動力で起業し、同学年のサラリーマンの誰よりも稼ぐことができています

12.自分のコンフォートゾーンを逸脱してみるべき

ぬるま湯
僕もまだ20代前半で、全くまだまだ若いんですが、若いうちは自分のコンフォートゾーンをどんどん超えていくべきです

これは、大学生だけじゃなくて20代全般ですね。ずっと居心地のいいところに浸かり続けていたら、絶対に自分の成長はありません。

 

大学生のうちは、自分の大学の居心地のいい環境だけでなく居心地が悪くて悪くて逃げ出したい環境に飛び込んだほうがいいです

 

僕はビジネスのセミナーに参加したり、学生団体に参加してみて、自分よりも年下の人が僕よりもすでにはるかに稼いでいました。

13.自分で何かを主催してみるべき

 

大学生はいろんなところに参加してみるべきですが、さらにそれだけでなく自分が最初から最後まで色々企画して、自分オリジナルの会を開催してみたらいいと思います。

 

僕は、自分の好きなUVERworldのファンを集めてお花見オフ会をしたり、Airbnbで家を借りてそこでスマブラを知らない人としたり、自分がやりたい企画をどんどん開催しているんです。

 

自分で1から企画して催し物を作る経験って非常に貴重です。自分でビジネスをして企画すること

 

14.一人暮らしは絶対にやるべき

一人暮らし
これは、大学に電車で通えてしまう人も絶対に一人暮らしをやるべきです。実家暮らしは色々楽な面も多いですが、その点あなたの行動がめちゃくちゃ制限されます

 

僕らの親の世代は100%間違っていると言っても過言ではありません。なぜならスマホどころか、Googleが存在しない時代を生きてきた人たちだからです。

 

物心ついた頃から、ある程度自由にインターネットを使って時間や場所に縛られることなく、コミュニケーションを取れるようになった僕たちと、価値観や働きかたが同じなわけないんです

 

あなたが、いろんな挑戦をしようとしてもどんどん否定してくるでしょう。

 

明治時代に「あなた立派な武士になるのよ!」って言われているようなもんですよ。ネットがこんなに張り巡らされて、場所や時間がせっかく縛られずに仕事ができる中、ちゃんと大企業で働きなさいって言われるのは、明治時代に武士を目指すようなもんです

 

こういう親の価値観から今すぐ離れることもめちゃくちゃ重要です。


僕なんかは情報発信的に、ビジネスをやりたい大学生の人からメッセージをよくもらうんですが、

お母さんがダメって言ってきたのでビジネス諦めます。。

大学生


お母さんがクレジットカードを作るのに反対しています。。

大学生


とか、色々ふざけたことを抜かしてくるんですが、親なんかに聞いていいことなんて一つもないんです。

 

あなたの人生について親に相談しても100%間違った答えが返ってくるに決まっています。こんなにネットでどこでも仕事ができる時代に満員電車に乗って会社に行きたいわけないですよね(笑)

 

こんなにキャッシュレスの方向に時代が進んでいるのにクレジットカードを持たないなんてありえないんですよ。あなたが大学生のうちにやるべきことを達成するために親から絶対に離れないとダメです。実家に住んでいる人は危機感を持つべきです。

15.孤独に自分を磨く時間を作るべき

一人で孤独に過ごす
大学生で多くの人は友達との馴れ合いでかなりの時間を使ってしまいます。僕の大学でも授業が終わるたびにみんなで集まって、そしてうだうだやって、

 

僕はテストの時だけそこに混じって答え合わせして、終わったら颯爽と帰っていきました。孤独を恐れて友達と無駄なつながりを求めすぎても何も得られるものはありません。

 

人は自分を成長させるときは大概孤独です。

16.目的もないのに資格や語学を勉強しない


これはやるべきことではなく、やらなくていいことですが、わざわざ無駄な資格とか無駄に将来役にたつかもしれない、程度の理由で勉強する語学ほど無駄なものはありません。

 

大学生活は有限です。例えば、

海外で外国人と話せたらかっこいいかもしれない!金髪美女の彼女を作りたい!

大学生


金髪美女
これは、十分英語を勉強する理由になります。自分のやりたいことですから頑張って英語を勉強する動機になるでしょう。でも、

TOEICは取っておいた方がいいしな〜

大学生


程度のレベルなら絶対に役に立ちません。外国語の実用性は今後どんどんなくなっていきます。今現在でさえ双方向(日本語⇆英語など)の翻訳機が実用化されてすでに販売されているのです。


つまり、もう英語なんていらないわけで、2〜3万円で英語を話せるのと同じ能力を身につけられるのです。取って置いたほうがいい、みたいな資格でもなんでもないんです。

 

しかも英語を身につけたところで、ただただそれは英語が話せるだけです。大事なのは当然ですが、英語で何を話すかです。てことは、英語なんて身につけるのに時間を割くより、自分の中身を磨いているほうが100倍将来のためになります。

 

ビジネスの現場で重要なのは、ビジネス英語ではなく、ビジネス力です。ビジネス力を磨きたければ、一番早いのは自分で小さい規模でもビジネスを始めてみることです

僕のように最初はブログからでいいので、とにかくビジネスを始めてみることをお勧めします

最後に

 

大学生の間にやるべきことまとめ

1.とりあえず童貞と処女は卒業しておけ

2.大学時代にナンパはやるべき

3.高嶺の花に恋をする

4.ニッチな分野のトップになってみるべき

5.ブログを書きまくってよかった

6.人に使われる経験をしておくべき

7.自己啓発本・成功法則本は3冊は読むべき

8.時給∞の世界にいくべき

9.借金は一度はやるべき

10.お金の勉強は必ずやるべき

11.学歴コンプレックスのどん底を味わってよかった

12.自分のコンフォートゾーンを逸脱してみるべき

13.自分で何かを主催してみるべき

14.一人暮らしは絶対にやるべき

15.孤独に自分を磨く時間を作るべき

16.目的もないのに資格や語学を勉強しない


大学生活は思っている以上にすごいスピードで進んでいきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
ナベヤン
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ナベヤン , 2018 All Rights Reserved.