大学生の間からこれからの働き方を考えよう

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

大学生の間に人生の主導権を得るための4年間の過ごし方

わたなべ
WRITER
 
大学生活の過ごし方
この記事を書いている人 - WRITER -
わたなべ
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、わたなべです。

 

今回の記事ですが、これこそがこのブログ全体の理念なので気合を入れて書いていこうと思います。

 

大学生活ほど人生において貴重なものは無いし、大学生活ほど自由な時間はないんです。よく大学生活は「人生の夏休み」と言われます。

 

でも、本来人間はずっと自由であるべきだと僕は思います。だから、大学生活の4年間で

残りの人生の自由まで手に入れてしまおう!

という理念でこのブログを運営しています。

大学生活は多くの人にとって唯一の人生の夏休みです。それが終わったら、次の夏休みが来るのは、65歳です。

 

いや、多分僕ら若者は、定年はもっと引き伸ばされていて70代まで夏休みは来ないでしょう。で、僕はこれを受け入れることができませんでした。

 

なので、僕は大学生活中に自由を手にするために過ごし方を改めました。僕が自由を得た過程を今日は書いていこうと思います。

大学生活が自由を得るためのラストチャンスであることを認識する!

まず、僕は気づいてほしいのです。大学生活が「自由を得る」ためのラストチャンスであるということを。

 

もちろん、サラリーマンで働いていた後に自由を手に入れて、ホンマに楽しい生活を送っている人もいますよ!でも、無駄に難易度が高くなります

 

仕事が最低でも9時〜17時(実際の出勤は8時とかで、残業を含めると21時くらいまでもザラにある)拘束されて、帰ってきてクタクタの状態です。

へろへろ
高校の時の友達で会社勤めをしている人のツイートもなかなかの憂鬱さでした。

や、や、やま超えたで。。。

24時間働いた後の2時間睡眠。。。

死ぬかと思った、ぱいせん達すげぇや


土日を休みとして迎えたい、人間の生活に戻りたいよ〜〜〜〜
やってもやっても仕事終わらないし、みんな好き勝手言う(ように感じる)し、先輩は先に花見行っちゃうしもうやだーーーーーくそーーーーしにてーーーー
こんな感じ。社畜とツイッターで調べてみてください。悲痛な声が沢山聞こえてきます。その状態で自由を得るためにビジネスなんてできません。

 

今が勝負なんやで!

「大学生活だり〜〜」

とか言ってる場合じゃないんやで!

今の時代よりひとつ先を見て将来を考える

サラリーマンが当たり前の時代はそう長くない
大学生の場合、これからの時代を少し先読みする必要があります。もはやサラリーマンでいい暮らしができるなんて時代は終わりかけています。(ほとんど終わってます)

 

なぜか98%くらいの大学生が今までの人と同じことをしていて自分が幸せになれると思っています。でも時代は変わります。

 

今、サラリーマンになることが当たり前と思っている人が多いでしょうが、そのサラリーマンの文化って100年ほどです。

具体的には大正3~8(1914~1919)年の第1次世界大戦直後、つまり、1920年以降の産業構造の変化の中で、頭脳労働者として事務職層のボリュームが増えていったのです。そこで現在のサラリーマンの原型ができあがったと言っていいでしょう。
出典:東洋経済

今の時代の『サラリーマン』が定着したのは、終戦後です。この時期は終戦の復興のために国民全員が同じベクトルを向く必要がありました。

 

だから、雇われて人の言うことを聞く人が、一番優遇される時代でした。でも今や世界の中でも経済大国である日本は、その必要がありません。

 

今やサラリーマンでいることのメリットは、毎月給料がもらえることくらいです。(それも永遠の保証ではない)

では、次から実際にどのようにして自由を獲得するのか?ということを考えていこうと思います。

資産という考え方を身につける

僕は今わりと働いていますが、それは仕事が楽しいからです。ですが、今仕事をやめたとして全く問題ありません

 

生活に困ったりしません。その理由が、『資産構築』という考え方に従って大学生活を過ごしてきたからです。

資産とは?

資産
資産の定義というのは『それ自体が後々まで利益を生み続けてくれる物』です。例えば、株、不動産などが資産として思いつきやすいです。

 

でも、なかなか大学生でそれを持つことは難しいし、失敗すると大幅にお金が減るリスクもあります。なので、僕が推奨しているのは、『ブログ』を起点としてビジネスです。

 

例えば、ブログを育てれば、検索から訪れる人は常に集めることができます。検索エンジンというのは、毎日大幅に変わることがありません。

 

そこに広告を貼ることで利益が自動で生み出されるのです。しかし、こういう媒体を育てることは時間が割りとかかります。

 

だからこそ、僕は大学生の間が重要なのです。大学生はサラリーマンに比べて遥かに時間があります。忙しい理系だろうと時間を作り出すことはそれほど難しくありません。

 

僕も理系の卒業研究の大学4年生にブログを育てきって今の自動収入につながっています。

 

半年ほどで10万円ほどを確実に僕の口座に振り込んでくれる資産になり、今では毎日2万円ほど僕に振り込んでくれるようになりました。

 

こういうブログは後々まで自動でお金を生み出してくれる資産なのです。

自己投資を惜しまない

ただ、このようなブログを作ることって日記を書いていればいいわけではありません。日記でアクセスを集められるのは芸能人だけです。

 

なので、ブログを育てるためやビジネスとしてやっていくための知識やノウハウが必要です。そういう知識やノウハウはあなたの努力の時間を削減してくれます

 

こういうところにどんどん自己投資をしていかなければなりません。

ビジネスを始めたらとにかく継続する

まず、ビジネスを始めたらそれだけで、他の大学生とは差をつけられます。これだけで上位20%には入れるでしょう。

 

しかし、始めただけでは結果を出すことはできません。結果を出したければとにかく継続する必要があります

 

 

最後に

僕は、

「就職したら遊べなくなるから大学生の間に遊んでおけよ!」

という言葉が嫌いです。

 

そんな人生なら野生動物として山の中で自由に生きている方が幾分ましです。僕の人生は僕が決めるし、実際に人に決められた人生を歩むなんてまっぴらゴメンだ!と思っている人もたくさんいると思うんです。

 

そんな人に僕は、大学生活の4年間で自由を掴み取ってほしいと思っています。そのためにはこの記事で話した過ごし方をする必要があります。

 

また、僕と同じように自分のブログや情報発信で人を集める資産の構築をやってみたい。興味があるという人は、大歓迎です。

 

僕はメルマガでこの方法を教えています。

メルマガに登録する

この記事を書いている人 - WRITER -
わたなべ
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら
電子書籍を受け取った方限定で2日目に特別なプレゼント
ブログビジネス大百科特典

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕は雇われずに生きていく , 2017 All Rights Reserved.