大学生の間からこれからの働き方を考えよう

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

なぜ世の中の成功法則は学んでもほとんど成功しないのか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、わたなべです。

世の中には様々な成功法則があります。

『引き寄せの法則』
『非常識な成功法則』
『マーフィーの成功法則』

こういう成功法則ってほんまにいいこと書いてあります。

 

成功法則を学ぶ意義って

「思考が変わる」→「普段の選択基準が変わる」→「行動が変わる」

という流れです。

 

つまり、成功者がどのように考えて、行動を決めているのか?
人が行動するということは、
何かを考えたからなわけですよね。

 

その思考部分を成功法則として学んだら、成功者と同じ行動が取れて、成功者になれるんじゃねえの!って言う論法です。

 

でも、成功法則を学んでからビジネスで成功しよう!って思う人は多分一生成功できないです。

 

というのも、成功法則を行動する時に意識できるまで落とし込むこと自体が難しいことだからです。

 

思考を変えるってめちゃくちゃむずいんですよ。

 

これは、パソコンのOSのダウンロードとインストールの違いと一緒です。

 

成功法則を読んで、それをダウンロードすることは出来ます。しかし、そのダウンロードしたデータってインストールしないと結局パソコンは何も変わらないのと一緒。

 

基本的に何も行動していない時に成功法則を学んでも、それはダウンロードに過ぎないんです。

 

成功法則を学んでも成功しない理由

そもそも、成功法則を自分が使えるようにダウンロードではなく、インストールするのって、クソむずいんです

 

 

プロ野球選手になりたいと思って野球を始める時に、道具にもこだわったほうがいいからと言って、バット職人になるくらい無駄に難しいんです。

 

僕もビジネスでそこそこの結果が出てきていますが、ビジネスの成功法則って、ビジネスを頑張って成功したあとにしかわからない気がするんですよ。

 

もちろん、考え方を教材とかで学びますよね。
でも、その教材で学んだマインドで意識的に
行動して初めて成功法則が身につくんです。

 

成功法則を意識しながらただひたすらに行動を
することであなたの頭の中に成功法則が、
板についていくんです。

 

例えば、野球だってスイングの仕方を学んでも、
その学んだスイングの仕方で打ってみて、
実際にボールが打てた、しかもこれまでよりも
いい打球が飛んでいる!

 

こういう成功体験があるからこそ、
そのスイングが正しかったとわかるんですよ。

 

だから、成功法則を学んでも成功しないのは
当たり前で、その成功法則を試して、『行動』を
全力でやらなければならないからなんです。

 

しかし、行動している時にほとんどの人が
抽象的な成功法則はどんどん意識できずに
忘れていってしまうんです。

ビジネスの失敗の元はノウハウを信じきれないこと

疑いの目
正直、1つのノウハウを信じてやり続ければ、必ずうまく行くんですよ。デモほとんどの人は、途中で信じきれずに他のものに目移りしてしまうんです。

 

 

大体、ちゃんとやりこめば、絶対にうまくいくんですね。とにかく最初は一つのことを集中することです。

 

僕も何度も色んなノウハウに振り回されました。だから僕は数万円まで稼ぐのは結構要領よくやれるのに、それ以降そのことを信じ切って行動することが出来ないんです。

 


ただ、どんなことをやっても、1つのことに絞ってやらないと絶対にうまくいかないんです。僕がうまくいっているときって本当に1つのことに集中したときでした。

 

この1つのことに集中するという考え方を『エッセンシャル思考』って言います。

エッセンシャル思考の難関

でも、僕はエッセンシャル思考自体は、大学生の時から読んでいたんです。正直、多くの人にとってはもはや当然のような本なんですよね。今更感のある本なんですよ。

 

ただ、エッセンシャル思考で1つのことに絞るんですけど、人は1つのことに絞るのが凄く不安に思うもんなんですよ。

 

例えば、受験でもどれだけ自信があって、A判定でも保険の意味ですべり止めを受けたりしますよね。それと同じです。人は1つのことに集中してそれで失敗した時をおそれていろんなことをやろうとするんです。

 

受験勉強でも本当は1科目ずつキッチリ勉強していくほうが、効率がいいし頭に残りやすいし、成績が伸びやすいんです。

 

でも、1つの科目だけをやっていて模試で他の科目が悪いのが耐えられないんです。それがたとえ、大学受験は総合点で競う科目だとわかっていたとしても

 

それと同じで、アフィリエイトとかでもこれだけやっても成果が出なかったらどうしよう〜と思ってしまうんです。そう、いくらエッセンシャル思考が頭ではわかっていても、結局なかなかそれを実行することは出来ないんです。

 

そして、その気持ちめっちゃ僕も分かるんです。僕の2017年はこの心に支配されてダメダメでした。


いろんなことに手を出して、全部成功するまでコミットせずに、終わってしまいあんまり成長出来ていませんでした。

 

なので、2017年の反省として僕は今アルことをやっています。それが、

1日10記事を20日間やる!ダメだったら焼肉をおごる!

っていう企画。

 

正直、無謀ですよね。でも、この間とにかく睡眠とか気にせずにガツガツ進むと決めています。

 

今4日目、つまり40記事を書き終えられないとダメなんですが、今のところ12記事ほど。マジで終わんないです(笑)

 

今、借金として書かなければならない記事数が28記事あります。今日中に28記事を書けないと、明日38記事書かなければならないことになります。

 

なんでこんな無謀なことをしているのか。それは『スピードと量』が一番不安を抑えてくれるものだからです。例えば、僕がこのブログを20日で200記事書いたとしますよね。

 

もし、この200記事書いたブログが対して稼げなかったとします。それでも失うのはたった20日で、3週間にも及ばないんです。じゃあ、まあいいかって思えませんか?

 

サンクコストを気にする人っていますよね。


サンクコストとは、その物事に費やした時間とお金のことで、もしやめるときってそれが全て無駄になるわけですよね。

 

多くの経営者はこのサンクコストを気にせず事業の撤退が出来ないんですよ。だから、撤退の時期が送れて、結局赤字が膨らんでしまうっていうことがあるんです。

 

株とか投資の損切りに似ています。

 

でも、この掛けた時間が短ければ短いほどショックは無いし、不安に思う暇も殆ど無いんですよね。

 

ほとんどの初心者は1日1記事書いて3〜4ヶ月後にようやく100記事に到達します。ブログってなかなか100記事位書かないとアクセスが集まり始めないんですが、

 

その恐怖に打ち勝てず、50記事くらい書いて、「全然アクセス集まんないじゃん!」とか言って、諦めてしまうんです。

 

これがアフィリエイターが稼げる確率が5%位と言われる所以ゆえんです

 

でも不安を乗り越えさえすれば絶対に稼げるのがアフィリエイトなんです。これは、絶対と言わせてほしいです。

 

不安を乗り越えてアクセスが集まるようになれば、だいたいのアフィリエイトで稼げます。

 

例えば、1年後に70%の確率で月収100万円稼ぎ続けられるようになるけど、毎日7時間作業しなければいけないビジネスモデルがあったとしたら、多分これを継続出来ないんですよ。

 

なぜなら、ビジネスで成功するのが100%ではないから

 

 

でも、この不安な気持ちを取り除くことって本当に無理なんです。僕がいくら継続したら稼げるよ!っていい続けても、信じて行動できないとやはり同しようもないんですよね。

 

だから、僕は人の何倍も短期間で集中的に行動することをおすすめしています。何年も掛けるから成功できないんです。

 

最初は量と速さでいいんです。ノウハウ通りに誰もが驚くようなスピードと量で進めば、失敗も痛くないし、成功へとんでもな勢いで近づきます。

 

見といてください!とりあえずこのブログでそのことを証明してやりますよ

PS

例えば、この成功法則(量とスピード)はサラリーマンには当てはまりません。

 

なぜならサラリーマンが量とスピードをこなしてしまうと、どうなるかというと、ただただ自分の労働の価値が安くなるだけです。

 

例えば、大量の仕事が出来てしまうと、より多くの仕事を振られてしまって自分の時間がなくなるだけです。

 

スピードが早いとこれも一緒で、あいつ終わってるから他の仕事もやってくれ〜!ってなるんです。

 

なので、この成功法則は自分でビジネスをやるときじゃないと使えないですね。

PS2

やっぱりこの成功法則が一番使えるのが、ストック型の労働をする時です。ストック型の労働とは、自分が働いたことがどんどん溜まっていく労働のことです。

 

例えば、ブログなんてそれの最たるものですよね。ブログって、どんどん記事がストックされていきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら
電子書籍を受け取った方限定で2日目に特別なプレゼント
ブログビジネス大百科特典

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ユニジョブ , 2018 All Rights Reserved.