扇動マーケティング

扇動マーケティングは本当に成果が出るのか?評価レビュー!

どうも、わたなべといいます!

わたなべ


僕は、メルマガで独自販売をしていて
月収50万円ほどの自動化は達成しております

インフォプレナー 8月の収入
扇動マーケティングの手法を
ステップメールに取り入れて、
あげている収益は50~60万円ほどです


 

他にもちらほらありますが、
メルマガで扇動マーケティングのノウハウを
使うことが

扇動マーケティングとコピーライティングの違いは?

コピーライティングも扇動マーケティングもざっくりいうと

めっちゃ売れるようにする

ためのものです。

 

しかし、扇動マーケティングとは、
コピーライティングとは一線を画しています。

この両者の違いをサクッと話しておきます。

 

コピーライティングというのは、
商品の魅力を最大限に伝える技術であり、

扇動マーケティングというのは、
商品を必要であるという価値観を教育する商材です。

 

メルマガで商品を販売する場合、

セールスレターを書く力がコピーライティングで、
メルマガで教育する力が扇動マーケティングです。

コピーライティングと扇動マーケティングはそれぞれ重要なテクニックなんやな!

わたなべ

集客に力を入れるだけでは厳しい

正直昔はコピーライティングだけの力で
商品を成約させることが通常でした。

激しい言葉とか、強い言葉で読者に一気に思い切り売るというのが昔のメルマガのセールス手法でした。

 

昔はライバルも少なくて、
それでも集客をどんどんやっていけば、
ず〜っと売れ続けることが出来ました。

商品力=コピーライティング
商品力とコピーライティングは
等号で結ばれなければなりません。
つまりどれだけいいコピーライティングでも
商品力以上の言葉は書けませんし、書けば詐欺になります


 

昔とは異なり、1度のセールスに思い切り全力で強い言葉を書いて、
焼き畑のように売ってしまうとその後商品を売ることができなくなります

 

1リストの単価は広告を出すと
今では1500~3000円ほど掛かってしまいます。

 

これをフロントエンドの商品だけで
回収することが難しくなっています。

 

しかし、この扇動マーケティングの『価値観教育』を行うことで、
お客さんが自分の判断でその商品が必要だと感じるのです。

 

はっきり言って、洗脳です。
正直、この扇動マーケティングは、正しい使い方をしないと本当に危険なノウハウです。

なぜなら、読者を自分が思い描いた価値観に変えることができます。

 

価値観を変えるのが、扇動マーケティングです。価値観を帰られた読者は、物事の判断基準が変わります。

「あ、これ買わないといけないな?」と自ら思うようになるでしょう。。。

 

それが、誘導されているとも知らずに、、、

 

むしろ、詐欺的に売る必要をなくすために
扇動マーケティングを使うのです


 

例えば、自動の掃除機であるルンバを売る時を考えてみましょう。

ルンバ

コピーライティングのみでの売り方

このルンバのすごいところは、なんと自動で部屋の隅々まで自動で掃除してくれるんです。

わたなべ


そ、そうなんですか。

お客さん


そう、あなたはたったワンクリックだけで完全に自動でこの部屋の隅々まで全自動で掃除してくれるのです!家を出る前にワンクリックで掃除という楽しくない時間から開放されあなたは自由になれるのです!

わたなべ


そ、そうなんですか。

お客さん


ただ、申し訳ありません、限定5台なのです。今決断していただかないと、次に見たときに在庫があるとは限りませんし、、、 

わたなべ


う〜ん、、どうしようかな〜

お客さん


でも、いま決断したらこのルンバ周辺機器もおつけしますよ!

扇動マーケティングもあるときの売り方

僕は掃除は楽しく無いから掃除機を書けることに1分もかけてないよ!

わたなべ


お客さん

そ、そんなわけ無いだろ!でもどういうことなんだ?[/voicel]

ほら、朝ボタンを押しただけで帰ってきたときにこんなに床がきれいになっているだろう!

わたなべ


お客さん

ほ、本当だ!私も掃除は嫌だったし、コードが絡まって鬱陶しかったんだ!コードレス掃除機を買ったんだけど、これはコードレス掃除機とは違うのか?[/voicel]

コードレスと言っても、結局は自分で掃除しなければならないでしょ!コードレスでも実際腰を曲げて重い掃除機を持ち上げて掃除しなければならないし、

わたなべ


お客さん

そうなんだよな〜結局コードレスでも掃除機は重いし、[/voicel]
 

だからやっぱり、自動で掃除をしてくれて、勝手に掃除してくれていないと全く意味が無いよね。

わたなべ


そうだ!確かに!

お客さん


もちろん、普通の掃除機より高いのは当たり前だよね。AIが搭載されていて掃除していない場所を勝手に掃除してくれるんだから、しかも自動で、ここの投資を避けるのって飛行機とか新幹線があるのに徒歩で東京から大阪に行くようなものだもんね。

わたなべ


たしかに、時間の節約のために電車とか新幹線とか使うし、時間を節約するために投資するのは必要か!それなら、早く自動で掃除してくれる掃除機を売ってくれ!!

お客さん


 

ああ、それならば、ルンバってやつ使うと良いよ!これは小型だし、思ったより高くないよ!

わたなべ


 

 

この2つの売り方の違いとしては、商品を最大限魅力的に見せるのがコピーライティングであり、商品を自ら必要だと思わせる価値観を刷り込むのが扇動マーケティングなのです

 

このように、扇動マーケティングは、
売り込むというよりも、
買わない選択肢を潰していって、そのうえで読者が自ら必要だと思わさる手法
と言えるでしょう。

 

読者が自分の判断で購入する価値観を
植え付けるので、信頼残高が殆ど減らず、
感謝されながら販売することが出来ます

 

扇動マーケティングというのは教育であり、
コピーライティングとは別物なのです。
コピーライティングが不要と言っているわけではなく、
コピーを最大限に活かすために扇動マーケティングは必要なのです

 

コピーライティングだけでは
どう頑張っても限界がありますからね。

 

もちろん、これは一例であり、
簡単に言うとこういうことです。
この一つずつにもテクニックがあるし、
具体例を豊富に学ぶことが出来ます。

 

また、コピーライティングのみで販売するときよりも、お客さんが自ら

これは自分に必要な商品だ!

お客さん


と思って購入するので、めちゃくちゃ売り込み臭さが減るんです。

『さあこれ買ってください!』っていうのが日本人はめちゃくちゃ苦手な人種なんですよね。

 

かなり大げさな言葉を使って
コピーライティングをおおいに駆使して
購入させた場合、その後反発も大きいです。

 

それよりも、扇動マーケティングを使えば、
商品を購入した後もずっとお客さんとの関係が続きやすくなり、
結果的に2個、3個と商品を購入してもらい、最終的利益も大きくなります

扇動マーケティングの対象者

どういう人向け
扇動マーケティングは、誰でも使えるノウハウではありません。ネットで文章を使って商品を販売するビジネスをしていない場合は向いていません

 

だから、Googleアドセンスで稼ぐ『トレンドアフィリエイト』の場合は購入しても、結果には結びつきにくいでしょう。

 

サイトアフィリエイトで使えないことは無いですが、やはり難しいでしょう。サイト内で人の価値観を変えるほどの時間はありません。

 

なので、この扇動マーケティングの対象者は『メルマガアフィリエイト』or『メルマガでの情報販売』のビジネスをやっている人、またはこれから始める人となります。

扇動マーケティング対象者
実際にこのように扇動マーケティングのセールスレターでは、初心者が脱する教材と書いていますが、さすがにアドセンスで稼ぐ人には必要ないと思います。

 

この文章の下に書いてあるように『ワードプレスの設定が出来ない』って状態の人にはやはり難しい物があります。

 

すでにサイトをやっていて、そのサイトの収入を増やすためにメルマガを使っていきたいという人には非常に役に立つ商品だと言えるでしょう。

 

 

正直、コピーライティングの教材はこの世にたくさんありますし、書籍でもいくらでもあります。わざわざinfotopで購入する意味が無いくらい書籍でもたくさんあります。

 

しかし、ここまでメルマガでセールスまでの販売手法に特化して、話されている商材は一つもありません

 

そしてこれからの時代は、1リストを獲得するコストもどんどん上がっていく時代です。この時代は読者との信頼関係を結んで以下に長い間ファンとしてリピートしてもらう戦略が大事です。

 

今後広告を使ったマーケティングは、フロントエンドだけではなかなか広告費をペイすることができなくなるでしょう

 

そうなったときにコピーライティングを駆使した販売力を使ったところでバックエンドが成約せずに広告費を回収することができなくなるでしょう。

 

そういう意味でもリストを取る難しさが上がるこの時代に、お客さんの価値観を破壊して”自分の意思で“商品を購入して貰う必要があります

 

人は自分の意思で取った行動は突き通したくなるのです。

読者があなたのオファーを自分の意志で受けたら、その後別の商品を購入しても、再び買ってくれやすくなるのです。

 

つまり、読者一人あたりの報酬単価が非常に大きくなるのです。

 

特典

扇動マーケティングというのは、
信頼関係や読者の価値観を教育するもので、
やはり、最後にうまく売るための
コピーライティングはあったほうが良いです。

 

そこで、この扇動マーケティングですが、
僕から買ってくれた人には、コピーライティングを
学べる書籍を2冊プレゼントします

1冊目『ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則 』

ザ・コピーライティング
ぶっちゃけ、初心者は

 


これだけでいいよ。

わたなべ


と言いたい。

まず日本のコピーライティングの祖
である神田先生が手がけたこの本。

 

まず著者のジョンケーブルという人について
ですが、ジョンケーブルと言う人は、
全米で広告の手法を

 

コピーライティングというのは元々
チラシを書く技術でした。

もちろんネットでも使えます。

 

そして、驚くことにこの『ザ・コピーライティング』のような
古い書籍とウェブ関連に即した最先端の書籍の内容が
ほとんど変わらないのです。

 

コピーライティングや今回の扇動マーケティング
というのは、人間の普遍的な心理を
捉えたものなので一度身につければ、

 

時代が変化したところでずっと使えるスキルになるのです。

 

現代使われているコピーライティングの
ほとんどの源流がこのジョンケーブルズ
由来です。

 

このジョンケーブルズの本を読んでおけば、
それ以上のコピーライティングの知識は
必要ないでしょう。

 

また、翻訳者も重要です。

英語が出来るだけの人がコピーライティングの本を
訳すと

 

大学受験をやっていた人ならわかると思いますが、
英文の中で訳す問題が出てきたときに、
自分が知っている題材の方が自然な
日本語になりますよね

 

それと同じです。その点で言うとこの本は完璧と
いわざるをえません。

 

というのも神田昌典先生は、
日本のコピーライティングの祖です。

 

日本1の経営コンサルタントであり、
コピーライティング、扇動マーケティングと
相性が良いダイレクト・レスポンス・マーケティングを
フル活用してさまざまな企業の売上を
あげまくってきました

 


ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)とは、お客さんに直接商品を販売する手法で、間に小売などを挟まずに直接お客様とのやり取りで成約をするマーケティングスキル。

メルマガをつかったマーケティングもDRMの一種

2冊目『10倍売れるWebコピーライティング』

10倍売れるWebコピーライティング
1冊目だけでも十分ですが、
こちらも僕から扇動マーケティングを
購入してくれた人には特典として
つけようと思います

 

この本はコピーライティングの原理原則を
解説する本ではなく、
セールスレターを従うだけで書けるような
マニュアルに近いです。

 

僕が初心者のときに買った本で、この本通りに
書いてきました。

 

10倍売れるWebコピーライティングに従って、
必要な物を集めてその通りに書けば、
売れるセールスレターを作ることが
出来ます

 

『ザ・コピーライティング』でまずは原理原則を学び、
『10倍売れるWebコピーライティング』で実践的に
セールスレターを書くという順番です。

 

この2冊でもう君はコピーライティングは
十分だよ。

 

というレベルになれます。
色んなコピーライティング商材を買うよりも
軸となるテクニックがあれば、
ずっと使いまわすことが出来ます

 

主根側根
太い主根を育てれば、その枝はである側根は
応用すれば簡単に出来ます。

 

まず主根となるコピーライティングの基本を
この2冊で身につけるといいでしょう!

Copyright© 僕は雇われずに生きていく , 2017 All Rights Reserved.