人生の全てをコンテンツ化して「楽しみながら稼ぐ」生き方

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

【悲惨】残業代目当てで残業した人の末路、、、、

わたなべ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
わたなべ
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、わたなべです。

僕は就職したことはありませんが、とあるでけえハンバーガー屋さんでバイトをしていたことがあります。

 

僕は深夜でお店を閉めるシフトに入っていました。閉店作業って割りと大変で、開店中が忙しかった場合は、結構時間が押して働き続けなければならないこともあるんですよ。

 

で、僕もよくマネージャーの人(バイト)と一緒に適当に居残っていた事がありました。深夜22時以降の給料って25%アップなんで結構いい感じのバイト代になるんですよね。

 

ただ、僕はこのバイトを辞めて、収入が一時途絶えましたが、その後の方が圧倒的に幸せな暮らしが出来ています。

残業代目当てに仕事をして気持ちが良いのは最初だけ

僕は夜中に働いて少し長く働くことの快感を得られたのは最初だけでした。夕方から21時くらいまで大学が終わってから働いていたときは、毎月5万円くらいでした。

 

しかし、深夜にシフトを入れてダラダラバイトをしていたらほとんど働いている時間が同じなのに7万円くらいになりました。

 

これはすごい!と思ってこの働き方を繰り返していましたが、この金額の感動にも慣れて、大学の授業も眠すぎて起きられずに寝坊することが多くなってきました。

残業代を維持するためにまた次の月も残業しなければならない

人間は得たときの喜びより、失ったときの悲しみの方が大きいのです。

 

例えば、1万円を拾った後に、1万円を落としたら、結局最終的に±0なはずですよね。でも心理的には『1万円を損した!』って感じるんですよ。

 

で、残業で得たお金って次の月も維持しないと、めちゃくちゃ給料下がった!って感じるようになるんですよね。

 

だから次の月も残業をしなければならなくなるのです。

残業代でみかけの給料は上がるが幸せにはなれない

残業をすることで、みかけの給料はあがりますが、
『これ一生やらなあかんの?』

ってなりませんか?

 

僕はバイトだったので、別に大丈夫だったのですが、正社員としてず〜っと無理矢理に残業して時間を過ごすのは無駄な時間を過ごしている感じがして嫌ですよね。

 

残業代目当てでダラダラ仕事をして何も感じない人ならいいですよ。僕は、バイトのときに思いました。

 

 

 


わざわざ大学にお金を払って通って、その時間を無駄にしてバイトしてお金を稼ぐって俺は何をしているのか・・?

わたなべ


って

残業代目当ての残業も同じような感覚に陥ると思うんですよ。だって、何も生産していなけどお金のために自分の寿命を差し出しているわけです。

 

それってめちゃくちゃもったいないことなんですよね。

資産型の労働にシフトする

残業をすれば1ヶ月先に残業した時間分の収入を得ることができますよね。でもね、それだと一生楽にならないんですよ。

 

なぜなら、時間を切り売りする労働はストックすることが出来ないからです。

 

だって、次の月にも同じことをしなければならないからです。例えるならば、毎月毎月この画像のように実を取りに行くようなものです。


確かに、今日このココナッツの実をのぼって取りに行けば、疲れはしますが今日はココナッツを飲むことが出来ます。おいしい思いも出来ます。

 

しかし、これだと毎日毎日このココナッツを登るために木を何とかして登らないといけません。

 

体力がある若い時だとそれでもいいかもしれませんが、いずれこの木を登る体力がどんどん落ちてきます。

 

もし、目先の利益ではなくきちんと長期的なことを考えてこの木に立てかける『はしご』を作り上げたらどうでしょうか?

はしご
はしごを作っている間、木の実は取ることが出来ません。しかし、はしごが木の半分くらいまでに到達したら、木の実を得る労力は半分になります。

 

木の実が届くところまではしごを作れば、もう木の実を取る労力は0になりますよね。僕はこのはしごを作る労働のことを資産型労働と言っています。

 

残業でその月の給料を上げる行為は、毎日木の実を登って取りに行く事と同じです。積み上げがありません

サラリーマンでも積み上げられる仕事の仕方しませんか?

資産積み上げ型の労働をしましょう!といったところでなかなかサラリーマンで資産積み上げ型の労働にシフト出来る人って居ません。

 

だって、そもそもサラリーマンという働き型が資産蓄積型労働ではないからです

 

デモ、サラリーマンとして働いていたとしても、資産積み上げ型の仕事をすることは出来ます。それは、『ブログ』です。

 

ブログというものは文字通り資産が積み上がっていくんです。だって、ブログに記事を書けばその記事って減ることは無いですよね。

資産ストック型ビジネス
このように積み上げれば上げるほど、どんどん楽になるんです。

ブログを書くことがビジネスになるということが全く意味不明であるという方は、もしよければ僕が書いた『ブログビジネス大百科』という電子書籍を御覧ください。

ブログビジネス大百科


資産蓄積型の労働をすれば、例えば1度やった労働が一生生き続けるのです。ブログの例を出すと、この記事ですよね。

 

この記事を書くということは、その時間労働をしていることになりますけど、この記事は数ヶ月後もずっと読まれ続けるのです。

 

こういう記事がどんどん積み上がっていけばどうでしょうか?僕が実際に直接話す必要なく色んな人に情報発信を届けることが出来るのです。

 

これが出来るのは、インターネットが発達したからなんですね。個人でもそういうメディアを持つことが出来るんです。

 

まずは残業というのを辞めて、自分の資産を増やす働き方をしてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
わたなべ
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ナベヤン , 2017 All Rights Reserved.