大学生の間からこれからの働き方を考えよう

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

将来の夢がない大学生は無理に見つけなくていい理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、大学生のときから夢なんてまったくないわたなべです。

 

もしかしたら、あなたは将来の夢が無いことに悩んでこのページに来てくれたかもしれません。

 

僕も夢なんて無かったです。いや、今もありません。

 

大学1年生や2年生の時は、いつか将来の夢も見つかるだろうと思っていました。

 

しかし、大学3年生になってある程度専門も決まって来ているのに、やりたいことも決まりませんでした。

 

キャリア教育みたいな授業でも「自分がやりたいこと探します!」みたいなことを言っていました。
(探している時点でやりたいことじゃない、、)

 

それでも理系の勉強をし、研究が進むに連れて「こんなことで一生生きていくのか、、」という失望の方が大きくなりましtあ。

 

しかし、今の僕は自由で将来の夢という呪縛から開放されています

 

おそらく、この記事に来てくれたあなたと通ずるところがたくさんあると思いますので、是非参考にしてみてください。

仕事で将来の夢を叶えなければならないと思わなくていい

多くの大学生が、将来の夢を職業で叶えるものだと思っています。だから必要以上に職業に悩んでしまうのです。

 

探している夢の縛りが多すぎるのです。

 

大学で勉強することの中で自分がやっていて苦痛でなくて、そして、ある程度成功するビジョンが描けて、人に賞賛されて、、、、、

 

んな条件あてはまるかーーーい!!!

今思えば、かなり無茶な将来の夢を探していましたし、僕と同じように探している人が多くいます。ということで、もっと楽に考えてええんやで!

 

そして、なんなら将来の夢とかいらんのやで!ってことをお話していきたいと思います。

人の目を気にした夢を探そうとしているから夢が無い

僕が大学生のときに持たなければいけないとおもっていた夢は「人の目を気にし過ぎ」の夢ばかりでした。

 

つまり、体育館で全校生徒の前で話せるような夢を探さなければならないと思っていました。


将来は、お医者さんになって多くの人の命を救いたいです!

みたいな、誰もが賞賛する夢を探そうとします。
だって、小学校のときはこういうことを言えば
めっちゃ褒められますからね〜

 

もし、

「将来は、大量のお金を稼いで、いろんな高い時計を購入して女の子を何人もはべらしたいです!」

とか言ったら、
おそらく学校の先生にやばい子と認識されて、
そんな夢はダメだ!怒られるはずです(笑)

尊い仕事は確かに素晴らしい

確かに、尊い仕事は人に褒められるし、
みんなに素晴らしいと思われる将来の夢は、
その場では、褒められて
気持ちが良いかもしれません。

 

大学では、キャリア教育という
授業がありました。この授業では
みんなが将来につきたい職業とか
目標とかを発表し合うような授業で、

みんな心にもないような、
体裁を気にして取りつくろった
心にもないような将来の夢を
語っていました。

 

僕の場合は、理系として研究をして、

「将来は研究で誰も発見していないようなことを発見して、世の中の人に役に立つものを作りだします!」

というのが”正解“でした。

 

今思えば、異様な光景だなと
思いました。

みんな思ってもいないような将来の
夢を全員が発表して、発表が終わったら
心にも無い感想を言わされて、

全く心のこもっていない無機質な
拍手をしていました。

 

ただ、当時の僕は、みんなが
このような夢を持っているのが
当然だと思っていたので、

 

全く将来の夢やつきたい仕事が
なかった自分に焦りを感じて
いました。

 

だから、
なんとか理系の研究が楽しいと思い、
言い聞かせていました。

しかし、どうがんばっても、
研究に何十年をかける
気持ちになれませんでした

 

やっぱり僕には、そのような崇高な
理念を職業に対して持つことが
できませんでした。

 

僕は、ただただ目立ちたかった。

 

同級生でも圧倒的な金を稼ぎたかった。

 

でも、このまま会社の研究者として
働いたらどうなるか、、

 

 

会社とかで良い研究をしたとして、
おそらくその研究の論文で
自分の名前が少し載るくらいだと
思います。

 

そもそも研究で結果がでることはかなり難しいし、
たくさんお金がもらえたりするビジョンが見えませんでした。

 

じゃあ、こんなこと俺がやる必要ないんじゃね?

わたなべ


って思うようになりました。

人に褒められる将来の夢を追う必要なんてまったくない

将来の夢が無い大学生は人に褒められる夢を探すから無いんだと思います。

 

人に褒められて、更に自分の欲望を満たせるような夢を見つけるなんてなかなかできません。

 

なぜなら、人に褒められる、人前で話せる夢はあなたの心の底から出てきているものではないからです

 

そんなものは、取り繕ったあなたであり、ほんまもんのあなたではありません。

 

本当は、いっぱいお金が欲しいし、きれいな女の子に囲まれたいし、モテたいし、そういう欲望がいっぱいあると思います。受験で負けたやつをごぼう抜きしたい!とか色々下品な欲望があると思います。

 

それがあなたの本当の声であり、取り繕った人前で話せる夢なんて夢じゃないです。

 

そんなものはあなたが別に追いかける必要なんて一ミリもありません。

将来の夢がない方が成功しやすい

大学生は特に、将来の夢なんて全く必要ありません。そして、さらに職業で「やりたいことをやる」とかそういうのも全く必要ないと思います。

 

そして、理念があって、理念に縛られている人は、学生起業の失敗例でも上げました。

 

崇高な理念よりも
下品な欲望の方が遥かに
ビジネスを進めるうえでの
エネルギーになります。

とにかく自分に正直になるべきです。

職業の選択の基準

わたなべの職業はブログに広告を貼ったり、ブログから人を集客して商品を売ることです。(ブロガーではありません)

 

そのためには、主にブログを書いたり、ブログをディレクションすることが仕事になります。

 

僕もまさか、ブログを書くことが仕事になるとは思っていなかったし、こんなにも続けられるとは思ってもいませんでした。

 

僕がブログで稼ごうとした理由はたくさんありまして、ここで書くと永久にこの記事が終わらないので別記事にまとめました。
 

とにかく不満だらけの人生を変えるために自分でお金を稼ごうと思いました。最初はTwitterでアフィリエイトをやりましたが、あんまり合わず、なんとか行き着いたのがブログでした。

 

僕はこのブログを書くことや、ブログを育てることに熱中することで、今はこれで生きることができています。

 

ですが、このブログの仕事は、やりたいことを探していたら見つけられませんでした

 

僕は別に金が稼げて、バイトを辞められてなんなら就職をしなくてすむならばなんでも良かったです。

 

それで、Twitterは違った、ブログはハマった。それだけなのです。別にTwitterも手を抜かずやりました。

ポイントはとにかくやってみる

とにかくやってみないことには全くわからないです。まずやってみて、その作業に熱中できて苦でなければそれが天職だと思います。それ以上のことを考える必要は無いと思います。

 

別にそれがどんなことだろうと周りの意見なんてどうでもいいです。僕はブログで毎月40万円以上を自動で稼いでいます。

 

まず何よりも初めて見て、熱中してみて、楽しくなってきてお金が沢山稼げればもはや、そこに夢とか、理念とかどうでもいいです。

お金稼ぎと趣味を分離したほうが人生楽になる。

別にお金稼ぎと趣味を一緒くたにする必要は無いと思います。多くの人は自分のやりたいことを『職業名』で答えなければならないと思い悩んでいるのです。

 

大学にいる間にやりたいことを探すために、「職業研究の雑誌を読む」というような愚行に走っていた頃もあります。

でも、僕はなんか自分のやりたいことまでセンター試験みたいに選択式にされて

 

ちゃんと欲望を満たしていない間に職業で理念を求めると、欲望に目がくらんでしまう。

 

お金がない人が理念で動くと最終的にお金が無くてその活動をやめることが多いです。

 

僕の知り合いのスポーツ教室を開いている人がいました。しかし、費用がかかるだけでなく、直接教えるということにこだわりすぎて結局手が回らなくなり、

固定費が高いのに、稼ぐ金額には限界があり結局日々自分が過ごすお金なんて雀の涙です。

 

一方とりあえずお金を稼ぐことをしてきた人は、最終的に理念の活動だってできるのです。

 

例えば、とりあえず誰でも稼ぎやすいインターネットである程度安定的にお金が入るようにして、その後に自分でヤりたかったバーを開業した人も居ます。

 

また、海外に行って英語を勉強したいって思った人もネットで稼げることをして、稼いでいる間に楽しく人生を送っていました。

 

まとめ

まずは欲望を満たすために、お金を稼いだらいいと思います。今の時代インターネットを使えば、何十年もかけなくても大きなお金が入る仕組みを作ることはできます

それで、自分のやりたいことをやれるだけやればいいと思います。その先に、将来の夢とか、理念とかが待っていると思います。

 

なので、将来の夢がない大学生はまずは、なんでもいいからまずは金を稼いでみたらいいと思います。

 

ブログで稼ぐ方法ならメルマガで色々お教えしていますので、ひとまず取り組んでみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら
電子書籍を受け取った方限定で2日目に特別なプレゼント
ブログビジネス大百科特典

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ユニジョブ , 2017 All Rights Reserved.