大学生の間からこれからの働き方を考えよう

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

すでにあなたは宝くじにあたっているんだぜ

わたなべ
WRITER
 
宝くじ
この記事を書いている人 - WRITER -
わたなべ
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

どうもわたなべです。

 

一度は宝くじに高額当選してみたいものですよね。楽して億万長者になりたい!そんな夢を抱いて、宝くじを購入するのですよね。

 

もし、10億円の宝くじの当選券を盛っていたら確実に換金しますよね。

 

僕はこの時代に生まれたことってもはや宝くじ高額当選しているようなものだと思うんです。

大学時代のイスラエルの留学生

僕の家の近くに東京外国語大学がありました。東京外国語大学にはたくさんの留学生が来ていてバイト先で一緒になりました。彼は、なんとか奨学金で大学まで来ることができて、日本に留学までできました。

 

彼は非常に優秀であったためこのように日本の大学にまで来ることができていました。

 

しかし、彼は、

「本当に日本がうらやましい」

と言っていました。日本にいることができれば、明日の命の心配もないし、明日の食事の心配もいらない。戦争もない。

 

そんな素晴らしい国が同じ世界にあるとは、、、

 

そう残して、彼は大学3年生で祖国に呼び戻されました。日本で勉強を続けることが困難になり帰国していきました。

 

インドの農民の子供だったら、、

もしインドの田舎に生まれていたら

 

しかし、もしインドのど田舎で生まれていたら、『農民一択』です。ほかの選択肢がなく、カースト制度の中で一生決まりきった人生を送らなければなりません。

 

その中で僕たちは日本に生まれることができました。

もし50年前だったら

たとえ、日本に生まれていても50年前に生まれていたらどうでしょうか?だいたい東京オリンピックくらいの年です。

 

当時、携帯電話もない時代で、当時お金持ちになって起業しようとしたら、銀行から数千万円を借りてきて実店舗を作る、とか鉄工所を作るという選択肢しかありませんでした。

 

そして、もし失敗したら借金の取り立て地獄でした。消費者金融なんかからお金を借りてしまっていた人は、表には出てきませんが、首をくくって死ぬしかなかった人がたくさんいました。

 

しかし、現代はパソコンさえ持っていれば、それだけで起業することが可能です。なぜなら当たり前のように日本中の人が、スマートフォンを持っています。

 

僕も高校2年生から持っていますし、最近では、

「あ、シャンプー買うの忘れてたわ、」と思ったらamazonで購入して家に届けてもらいます。ブックオフに行く必要もなくamazonで自分が欲しい本を購入してしまいます。

 

amazonや楽天市場なら中古で最安値の本が数秒でわかります。

 

今の時代は、多くの人は当たり前のように、スマホから物を購入しますよね。大学生にもなるとワンクリック決済なんかも当たり前のようにamazonでやっていると思います。

 

ネットビジネスが出来るのは、ネットを使っているユーザーがたくさんいるからです。たとえネット起業しようとしても、20年前ではできなかったでしょう。

 

この時代の日本に生まれたことがいかに幸せなのか、

この時代の日本に生まれることができたことがいかに幸せなことかがわかると思います。いまでは、ネットビジネスをするにしても、どんどんお客さんが増えてきているし、更にノウハウが確立されてきています。

 

しかも、このネットビジネスをたとえ失敗しても元でも何もいらないからリスクなんてほとんど0です。昔の起業のように失敗して首をくくる必要なんてありません。

 

 

もし、この状況でネットビジネスでお金を稼いでいかないと言うのは、もはや宝くじ高額当選を換金しないのと同じくらいもったいないことだと思います。

換金していこう。

もはや、宝くじに当たっているんです。

 

 

日本に、この時代に生まれただけで人生丸儲けです。有史以来こんな素晴らしい時代と場所はないと思います。そう考えると僕はうれしくてうれしくてたまらなくなります。

 

毎日毎日『今日はなにしようかな』とか、片道だけの新幹線の切符を購入してみて東京に戻る日を決めずに旅行したりします。

 

すでにあなたは宝くじに当選しています。後は換金するだけです。換金の仕方はとにかくまずはやってみるということです。

 

その具体的な方法はメルマガでガッツリ説明しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
わたなべ
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら
電子書籍を受け取った方限定で2日目に特別なプレゼント
ブログビジネス大百科特典

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 僕は雇われずに生きていく , 2017 All Rights Reserved.