期間限定無料プレゼント

ブログビジネス大百科

   

ネットビジネスが怪しい理由を徹底解説!

 
ネットビジネスはなぜこんなにも怪しいのか?

この記事を書いている人 - WRITER -
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。その経験から普通にやれば高校の現役で合格した人に勝てないと思い、起業という世界を模索。またハンバーガーチェーン、引っ越しの肉体労働、塾講師等のバイトを経て、雇われると頑張れば頑張るほど自分の仕事の単価が安くなることへ疑問を覚えたことからネットビジネスの世界へ飛び込む。詳しい自己紹介はこちら
詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -

浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。その経験から普通にやれば高校の現役で合格した人に勝てないと思い、起業という世界を模索。またハンバーガーチェーン、引っ越しの肉体労働、塾講師等のバイトを経て、雇われると頑張れば頑張るほど自分の仕事の単価が安くなることへ疑問を覚えたことからネットビジネスの世界へ飛び込む。詳しい自己紹介はこちら

マサヤン

どうも、マサヤンです。

 

ネットビジネスって検索に打ち込んでみると、、、

ネットビジネスが怪しい理由

正直、今の時代にネットビジネスという名前はナンセンスです。

 

ネットを使わないビジネスなんてまったくないからです。しかし、たしかに言葉にできない謎の怪しさがありますよね。

 

これは、『稼ぐ系』のネットビジネスが非常に怪しいということです。

 

稼ぐ系というのは、「稼ぎ方を教える」という情報発信です。

 

とはいえ、別に稼ぎ方を教える

稼ぎ方を教える方法を教えることで稼いでいる

人に稼ぐ方法を教えるコンサル。
このコンサルをする方法を
コンサルする。

 

これが、稼ぐ系の主流の稼ぎ方なのです(笑)

 

そして、ネットビジネス系の人々の中では、この行為をひたすら正当化しているのです。

 

どういうことかというと、

「アフィリエイトのアの字も知らない人に対してアフィリエイトっていう概念を教えるだけで価値になるよね?」



「その人にアフィリエイトの教材を売って、教材のお金を貰えれば実績になるよね?」



「その実績を使って人を集めるよね?」



「そしたらより多くの人が教材を買ってくれて、どんどん雪だるま式に実績とお客さんが増えるよね!」

 

って言う手法なんですよ。

 

つまり、な〜んにも生み出していないねずみ講なんですよね。しかもこういうやつがいきなりコンサルしちゃうというね(笑)

 

いきなり、高額のコンサルをし、そのコンサル内容がコンサルする方法を教えるというもの。

コンサル
この無限の劣化コピーの繰り返しなんですよね。

 

コンサルする方法を教えるコンサルタントさん(長いので以後ねずみさんと書きますね)は、最初に誰かに教わるか、コンサルを受けた内容。

 

それをそのままパクってお客さんを集めてコンサルをするのです。勉強も極小で済むわけです。

 

だって多くの人は、『あるテーマのビジネスで売上を上げたい!』といことのために稼ぐ方法を学ぶわけです。

 

つまり、売上を上げる方法と、そのテーマの勉強を2つしなければならないからです。僕の場合受験勉強に関するビジネスをしていますが、

 

もちろん日々受験に関する勉強をしたうえで、そこでお金を稼ぐための方法も学んできたわけです。

 

でも、ねずみさんは教わった稼ぐ方法をブログに書き、メルマガに書き、それで集客し、そのまま自分のコンサルを販売しようとするのですよ。

つまり、やっていることは、

書き写し

です。

 

普通の人間ならば実績の無い自分の情報を販売することをためらいますよね。だって、販売出来るような知識って1〜2年掛けて熟練させていくものです。

 

ただ、この業界って初心者が稼ぎ方を教えて稼ぐということが、なぜか主流になっているんですよ。

 

実績がなくても出来ます!

とか、わけのわからないことをいいます。

 

そう、倫理観をどんどん麻痺させて稼いでいるのです。

 

稼いでいないのに、『稼ぐ方法を教える方法を教えて稼いでいるやつ』が増えるから、ネットビジネスの中でも稼ぐ系というのは、怪しさ満点なのです

 

すごいことにこの世には稼ぐ方法を教えるコンサルだけで飯を食っている人間が居ます。

 

この稼ぐ系の業界に関してはそういうやつが死ぬほど多く、同業者でもそういうやつがたくさんいるし、そういうやつが威張ってしまう業界なんです。

 

でも、はっきり言おう。

 

人間ここまで落ちたら終わり。

 

それはマーケティングも何もないねずみ講です。

 

せめて、自分がビジネスをする上での実践記だったりを書き、その実践記を読んだ人が参考になって自分が使った教材をアフィリエイトするならばわかります。

 

ただでさえ怪しく思われるネットビジネス業界で、すでに多くの人に認められている教材を売ることがせめての読者への誠意だと思うんですよね。

 

それか、きっちりねずみさん写経ビジネスではなく、別のことで結果を出してからコンサルとかやるべきだと思うんです。

 

しかし、多くの人はその罪悪感を自分で麻痺させて、高額コンサルを販売しているんです。

 

高額コンサルを毎月3人取れば、月収100万円です!っていうんですよ。そして、これを月収100万円の実績だといい、次のお客さんを集める。

 

そして、そのお客さんからとったお金で月収200万とかいい始める。

 

もう一回いいます。

 

人間ここまで落ちたら終わり。

こういう人間はお客さんの気持ちに立てないのでしょう。

 

たとえば、「稼ぐ方法を教えます!」って言われて、「じゃあやってみよう」と思って振り込んだ30万円が実績に使われていたらどう思いますか?

 

意味不明やんww

 

ネットビジネスにはこういう業界がまかり通ってしまっているから怪しいのです。。もちろん、誠意を持って稼ぐ系の情報発信をしている人も居ます。

 

実際、ちゃんと別のことで実績を出してから稼ぐ系の情報発信をしている人もたくさんいます。

 

でも、それって当たり前じゃね?って思うんですよね。

 

稼いでもいないのに、その方法をおしえる方法を教えるって何それ?って思うわけですよ。

怪しいネットビジネスをしている人の特徴

昔の友だちとは話が合わなくなった!とかいい出す。

そう、昔の友だちはレベルが低いから疎遠になった!とかのたまい始めるわけだ。

 

でもそれは違う。それは自分が人に誇れない仕事をしているからだ。僕は普通に自分のサイトも見せられるし、塾経営もしている。

 

他にもサイトアフィリエイトとか、コツコツ地道に自分の実績を作っている人はそれを人に見せられます。

 

今やアフィリエイトだってほとんどの人が「聞いたことがある」くらいには認知度も広がってきたし、十分人に誇れる仕事なんですよね。

 

しかし、稼ぐ方法を教える方法を教えるコンサルタントってもはや、友達に言えるような仕事ではないんですよね。

 

だから自己正当化のために、「俺は特別、周り成長してない!」って言う判断になります。普通に今でも僕は高校の友達も中学の友達とも仲がいいです。

 

それか嫌われてたか(笑)

毎月コンサルを取らないと、、と焦る

稼ぐ方法を教えると言うやつが、コンサルを取れないと焦りだすのです。

 

もちろん、とあるスキルがあって、そのスキルを教えるコンサルタントの場合は、このように、「月末だけどコンサル取れてない、、、」って嘆くことはあるかもしれません。

 

でも、稼ぐ方法を教えるコンサルタントならば、そんなことあってはいけないんですよね。

この記事を書いている人 - WRITER -
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。その経験から普通にやれば高校の現役で合格した人に勝てないと思い、起業という世界を模索。またハンバーガーチェーン、引っ越しの肉体労働、塾講師等のバイトを経て、雇われると頑張れば頑張るほど自分の仕事の単価が安くなることへ疑問を覚えたことからネットビジネスの世界へ飛び込む。詳しい自己紹介はこちら
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 働き方に革命を! , 2017 All Rights Reserved.