人生の全てをコンテンツ化して「楽しみながら稼ぐ」生き方

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

大学に行く意味は”社会的に認められたフリーター”になることである

わたなべ
WRITER
 
大学に行く意味がわからない
この記事を書いている人 - WRITER -
わたなべ
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

大学生になって、
今やっていることが何になるんだ?

 

テスト勉強して、高校と何が違うんだろうか?

本当にこれで将来仕事に何か活きるのか?

と僕もめちゃくちゃ思っていました。

 

大学1年生として大学に入学し、
心を踊らしていたものの、特に高校と変わらないし、
やっている内容が将来に役立つとも思えませんでした。

そして、大学生活の4年間が終わり、
今は、

この大学生活で大きく人生が変わった!
本当に大学の4年間が重要だった!

わたなべ


と思っています。

 

大学に行く意味が無いとおもっている人も
多いでしょう。

大学で学んだことが直接仕事に関わる人なんてほとんどいない

大学で学んだ内容が直接仕事に
関わることはまず無いと思って
差し支えないでしょう!

 

ほとんどの人にとっては何の役にも
立たないでしょう。

量子力学
大学では、さまざまな専門的なことを
学びます。

 

理系だと量子力学とか、熱力学とか
色んな専門的なことをやります。

 

メーカーで働く人なんかは、
根本的な原理でこのような理系の勉強が
いきてくる人もいるでしょう。

 

ただ、文系に関してもはや
大学で勉強することで将来役に立つこと

なんて皆無でしょうね。

 

経営学部の大学生が殆ど就職しますからね。
「経営せんのかーい!」ってツッコミたく
なりますよね。

経営せんのかい

大学は普通の人にとっての唯一の自由な時間

ごく一般的なサラリーマンになる場合、
大学というのは、唯一の自由な時間です。

大学生活というのは、人生の夏休みと言われます。

大学に行く理由というのは、自由な4年間を
手に入れるためのものだと思っています。

 

最近では、大学生の中でも、
4年間の間に圧倒的に自由に生きるための
基盤を作って

 

一生夏休みのような生活を手にしている
人もたくさんいます。

 

僕も大学を卒業してから、
就職せずに自分一人で自由に生きています。
眠たいままベッドから起き上がったこと
なんて一度もないですね。

 

眠たくなくなるまで寝ていますから(笑)

それを可能にするのはこの大学生活の
過ごし方です。

 

大学に行く意味というのは、
社会に認められながらフリーターのように好き勝手に生きられること

です(笑)

 

特に進学校に行っていたような人にとって、
フリーターになることなんか
プライドが許さないと思うんですよ。

 

進学校出身の人は世間体を非常に気に
する人だと思います。そして、この世間体というのが
非常に人生を生きにくくするんです

 

これで自分のやりたいことをかなり狭めている。
でも、本当は自由に自分の好きなことを
好き勝手にやりたいはずなんです。

 

だったら、僕はこの大学に入って大学生として
社会的に認められている時間に自分の好きな
事ができる収入源を作るべきです。

 

僕はブログで作り上げることが出来ました。

大学生という自由な時間で何をすべきか?

圧倒的な他者との出会いの場

セミナー
大学生活というのは、自分の考え方も
まだまだ出来ていない状態で、
非常に色んな人に左右されやすい時代です。

 

ここで、色んないわゆるすごい人、や
ワクワクしている人に出会うべきなんです。

 

僕も色んな人と出会いました。
失敗の出会いもあって損をしたことも
ありましたが、

 

いい出会いも会って今でも仲良くして
凄く影響を受けた人との出会いもありました。

 

このような圧倒的に自分と違う世界の人との
出会いで、価値観、考え方だけでなく、
人生まで変わる可能性があります。

 

大学生は、どんどん色んな人に出会いに行くべきだと
思います。

 

僕だって、色んなセミナーに参加しましたが、

こんなにいっぱい自由な人生を送っている
人がたくさんいるんだ!

わたなべ


って驚きました。

 

また、僕は逆にフリーターとか、
そういう人たちがどのような生活をしているのか?
ということを見ました。

 

大企業のサラリーマンとフリーターで
それほど、給料って差がないんですよ。

 

みっちりパートレベルで入っている人なら
もはや国立大学を卒業して、
就職している人よりもそこそこいい給料を
もらっているんです。

 

もちろん、大企業のサラリーマンは定年後に
素晴らしい待遇がありますが、

 

その条件をクリアするために40年以上を
会社に捧げなければならないんです。

 

ハイリターンですが、ハイリスクでも
あると思います。40年後にその会社とか
そういう待遇が残っているかなんて
全然わかりませんからね

時間がある間に収入源を作っておく。

逃げ道を作っておく
多くのサラリーマンは、今自分がついている
仕事が本当にやりたいことではないと悩んで、
日々、会社をやめるべきか、

 

でも、生活があるからやめられない
という宙ぶらりんの精神状態で、日々だけ
過ごしているんです。

 

また、その状態を抜け出すために、
自分で副業をして仕事をしようとするものの、
本業の時間がなかなか取れないため、

少ない時間でなかなか成果が出ず、
そして、もっと簡単に稼げる方法を探して、
『簡単に稼げます!』みたい無い言われた人に
騙されたり、色んな稼ぎ方に投資するも、
ずっと稼げない人がたくさんいます。

 

サラリーマンになってから独立して自分で
稼ぐというのは、非常に難しいんですよね。
だから、僕は自分の力で稼ぐためにも
早くから自分で生きていける程度のお金
は稼げるようになったほうがいいでしょう。


僕のようにブログから収入が得られるように
しておくことがどれだけ大事なのか、、

 

独立起業しろ!と言われて、
凄く厳しいなって思うかもしれませんが、
ブログで始めれば、ほとんどリスクなんて
ありませんからね。

最後に

大学生になったら、
受験が終わった安堵感でゆったりした時間を
過ごすのもいいでしょう。

 

しかし、案外大学生活って一瞬で終わりますよ。
いつの間にか4年が経過します。

 

僕も一瞬でした。大学3年生のときからブログを
始めて、いまでは自由な人生を送ることに
成功しています。

 

進学校でとりあえず大学に行った人って、
ここまで築き上げてきたものが大きいです。

 

でも心のなかで自由に生きたいって言う人も
めちゃくちゃ多いと思います。

 

そういう人は、なるべく大学生という自由な時間で
自分の好きなことが出来る基盤を作っておき、
選択肢として独立して自由に生きることも
入れておけばいいでしょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
わたなべ
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ナベヤン , 2017 All Rights Reserved.