ブログで人生を変えてしまおう!

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
大学生の時に月収40万円を自動化したブログノウハウとは?

ブログビジネス大百科

大学生の時に月収40万円を自動化したブログノウハウとは?

ブログビジネス大百科

メガバンクが勝ち組の時代が終焉?リストラの嵐

 
  2018/01/21
WRITER
 
三代目がバンク
この記事を書いている人 - WRITER -
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。その経験から普通にやれば高校の現役で合格した人に勝てないと思い、起業という世界を模索。またハンバーガーチェーン、引っ越しの肉体労働、塾講師等のバイトを経て、雇われると頑張れば頑張るほど自分の仕事の単価が安くなることへ疑問を覚えたことからネットビジネスの世界へ飛び込む。
詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -

1993年生まれで新卒の24歳(浪人)。超進学校から転落して、学歴コンプレックスで学歴ロンダリングや編入、資格取得で学歴コンプを治そうとするも、インターネットビジネスと出会い、ネットだけで自由自在に収入を得ることが出来るようになった今、自由な人生を送り学歴コンプレックスも克服。詳しい自己紹介はこちら

ナベヤン

現代、メガバンクの就職先としての人気は未だとんでもなく高いです。

就職ランキング

出典:キャリタス就活


キャリタス就活での就活ランキングです。上位5位までになんとメガバンクが3つも入っているではありませんか!

 

そう、これまでも銀行というのは、硬い職業として大学生からの人気も高い職業でした。

 

ですが、、、

このランキングにも暗雲が立ち込めているのです。

10/29の日経新聞の一面に出ていました

『メガ銀大リストラ時代へ』という見出しでした。

 

メガバンクというこれまで超勝ち組のキャリアだった人たちがなぜこのような人たちがリストラの危機に扮しているのかを考えていきます!

メガバンク終焉の要因

そもそも銀行が儲からなくなっている

メガバンクも、今や超低金利の時代です。よってお金を貸してもなかなか利益になりにくい時代なのです。

 

銀行というのは、顧客からお金を預かりそのお金を企業に投資することで利益を上げるというのが基本戦略なのです。

 

でも、最近では銀行から融資をしてもらうほどの企業もありませんし、金利も低いです。そうなると銀行の利益はどんどん少なくなっていきます。

銀行員の仕事が特に特殊なスキルが要るわけではない。

銀行員の融資に関しては、特に銀行員だからできるっていうスキルが有るわけではありません。

 

例えば、融資するときの判断基準って
それぞれの銀行員の裁量で決められないように色んな情報を数値化してきめているはずです。


どうせ数値化されてるなら、コンピュータにやらせたらいいんじゃね!

わたなべ


それならば、そのデータとかをAIに覚えさせてすべてAIにやらせたほうが圧倒的に楽に人件費を下げて運営することが出来ます。

 

その割に銀行員は高給取りですからね。

銀行員は別の部署に移されているが、これが続くとは思えない

今現在銀行員は雇ってはもらっていますよ。例えば銀行の融資の書類をチェックする部署の人は、書類の電子化で仕事がなくなり違う場所に飛ばされたそうです。

 

それだけでも嘆いている人もいますが、
おそらく、急に全員解雇になるわけではないと思います。

 

実際、今銀行で書類のチェックする人なんかはそれ以外の仕事に回されています。しかし、それは長くは続かないでしょう。

 

だって銀行だってボランティアじゃないんですから特に理由なく社員を雇う意味はないんです。

AIなんて無料じゃないんですから、
最初はある程度銀行がお金を払うことで
AIを導入するわけです。

 

最終的には銀行員を削減するために、このAIを導入しているわけで、いずれはバンカーたちのリストラ祭りが起こるでしょう。

今のところメガバンクでそれだけの社員を
抱えることができているから雇ってもらえていますが、

 

メガバンクの銀行員への報酬って結構馬鹿にならないんですよね。平均年収が1000万円ですから、

 

AIで一気に銀行員を減らすことができれば、
一気に人件費で数百億円の人件費削減が
出来るわけです

 

実際、銀行員も早期希望退職というなの、
リストラがどんどん行われていくでしょうね。

僕の父親も早期希望退職と言う名のリストラに遭いましたしね。

労働者の技術革新で労働がなくなるという皮肉

AIの発展のためには、さまざまなデータを入力していく必要があります。

 

そのためには、AIにこれまで融資してきたデータや内容を入力していく必要がありますよね。

 

それを、入力していくのはこれまでずっとその仕事をしてきた人ですよね。その人がこれまでやってきた融資のデータを入力する。

 

そして、そのデータが溜まって、AIの精度がどんどん上がったとします。すると、そのAIを育てた人の仕事がなくなってしまうんですよ。

 

AIのようにこれほど大きなものではないけども、とあるシステム会社でこんな事がありました。


これはツイッターでバズった〔めっちゃリツイートされた〕ツイートです。

 

効率化するテクノロジーを開発したら労働力の価値が下がって給料が下がってしまう例です。

 

労働を効率化したら、労働力の価値が安くなります。そうなると賃金が安くなるっていう皮肉みたいな現象が起こるんですよ!

 

ブログビジネス大百科

ブログビジネス大百科

この記事を書いている人 - WRITER -
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。その経験から普通にやれば高校の現役で合格した人に勝てないと思い、起業という世界を模索。またハンバーガーチェーン、引っ越しの肉体労働、塾講師等のバイトを経て、雇われると頑張れば頑張るほど自分の仕事の単価が安くなることへ疑問を覚えたことからネットビジネスの世界へ飛び込む。
詳しいプロフィールはこちら
期間限定無料プレゼント

ブログビジネス大百科

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学生起業大学ブログ学科 , 2017 All Rights Reserved.