大学生の間からこれからの働き方を考えよう

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

アフィリエイトをしたいが時間がない!そんなときの時間術

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、わたなべです。

僕は大学生のとき、時間がないと思っていました。

 

バイトもやってたし部活もやってたし、テスト勉強もあったし実験レポートもある。

 

よくネットビジネスの教材(僕は下克上で成功)で時間はないは言い訳!と言われて、「あ、俺言い訳してるな〜」とか思っていたのですが、

 

やはり、大学生の忙しさなんて言い訳でした。最近本気の忙しさと言うものを味わっています。僕は今自分のネットビジネスの事業と他社からいただいた仕事をこなしております。

 

僕も今年は、個人事業主一年目と言うことで、色々な所に営業をして仕事をいただきました。すると

クソ忙しい、、、

そしてサラリーマンでアフィリエイトをやる難しさを知りましたね。だって、朝から晩まで自分の利益を追求する以外の仕事をしなければならず、くたくたになった上でアフィリエイトをやるなんて相当大変なことだと思います。

 

本当に大学生の間にある程度ビジネスを完成させておいてよかったなと思います。

 

今日は、最近僕が忙しい中でなんとか時間を効率的に使うために取り組んでいることを書きます。

 

また、今回の記事に書く時間術に関しては、僕が今まで読んですごく影響を受けている時間管理に関係する2冊の本から得たノウハウである。

1冊目ホリエモンの「本音で生きる」

この本は人生にひたすらやりたいことを詰め込むための本であり、この本を読むといかに人生において時間が大事かが分かるし、時間をどのように無駄無く使っていくか、が分かる。

時間を極限まで無駄にしないために忙しくしろ!

これは、本音で生きるで学んだこと。時間を無駄にしないためにとにかく忙しくするというのが重要。(ちなみに僕の場合は最近忙しくなってしまっているというのが正しいが、)

 

忙しくならないと、人生で何が無駄であるかがわからないし、例えば、大学生で時間があることがいかに幸せで恵まれている状況なのかがまだ分かっていない。

 

でも、サラリーマンで、本当に忙しい中に、仕事の合間にネットビジネスをやっている人は、空いた時間を大切さがわかるだろう。そして、無駄な時間を削れないかをきっちり考えるようになると思う。

 

+を知りたければーを知らなければならないと思います。毎日黒毛和牛のステーキが出て来ている人はステーキが当たり前になるけれども、アメリカのすじばっかりのゴムみたいな肉を食べたことがある人に負って、黒毛和牛は最高の一品になるはずです。

 

だから、僕は今忙しく、外部の人との仕事に取り組んでいます。企業の方の集客サイトを構築しております。

ず〜〜っと作業してよかった時よりも時間の密度が100倍上がっていると思います。

 

このスキマ時間に一記事書き上げてやろう!と思って書くと集中力が増すし、何が無駄だったかをキッチリ考えるようになります。

忙しくした上でトレードオフを考える

で極限まで忙しくして、自分はどれくらいできるのかを考えます。そのうえでどうしても出来ないことは、どんどん切り捨てるしかありません。

 

どれが自分に必要なのか?を考えることです。そのうえで、僕は勇気を持って「ごめんなさい」と断ることも重要だと思います。

 

2冊目「なぜあなたの仕事は終わらないのか?」


この本はマイクロソフトで日本人の中島聡さんの本です。でバリバリに働き、「右クリック」や「ドラッグアンドドロップ」といった概念を作った人の本です。

 

時間術

 

 


 

納期を決めて割合を決める

この本で学んだことは、8割の仕事を2割の納期で終わらせるということ。

 

例えば、1日1記事書く!と決めた場合、1日の2割で8割の仕事を終わらせておくのです。

 

だから、朝起きた時に、記事の文章だけでも書いておくと、その後の一日で画像の装飾などをやれば良いのです。

 

仕上げきらない

ポイントは、納期があった場合、2割の時間で仕上げきらないと言うことも重要です。例えば、他の人との仕事の場合、仕上げきってしまうと、別の仕事が入って来てしまいます。

 

これは、本来の目的とは異なります。時間を余裕を持ってタスクを処理する。アフィリエイトで言うと記事を書くことが目的です。

 

1日1記事と決めたらそれは必ず継続するし、それ以上はやらない!というのでも良いと思います。

 

とにかく何よりも重要なのが継続することです。

わたなべが今よく使っている集中術

これまでは時間術だったと思うが、アフィリエイトをやる上での敵は集中力だと思います。

 

集中力が切れていつの間にかyoutubeでラップバトルという状況が何度もありました。

 

そういうときに、僕が最近よく使うのがこの集中術です。

タイマーを使う

タイマー
この記事を、◯◯時までに書く!と決意して、アラームを仕掛けておくのです。特にカフェなどで作業をしていると、このアラームを鳴らしてしまうと浮きます。

 

僕は、基本的にドトールやスタバで作業をしますが、そのときも必ず、時間を意識することです。

 

アフィリエイトというのは、最初はやはり質よりも量を重視しなければならないことが多いです。

 

僕が最初に取り組んだトレンドアフィリエイトも質の良い記事も重要ですが、最初は量のほうが大事です。

 

なので、1時間で1記事を仕上げる!とか決めてしまって、その時間を曲げないことが重要です。

ブログの投稿日時を先に決めてしまう

これは先ほどのタイマーに似ていますが、先にブログを投稿する日時を指定するのです。

 

ワードプレスというブログシステム(独自ドメインとサーバーが必要)を使えば、このように投稿時間を指定することが出来ます。(無料ブログでも多分この機能はあります)
ワードプレスで投稿日時を設定
ワードプレスのこの場所を編集すると、公開日時を設定することができる。

予約投稿
メルマガを流す15分前に公開することを義務づけます。記事を公開する権利が自分に無いので、ワードプレスに勝手に公開されてしまうというプレッシャーが生じます。

このまま公開されたら、ヤバい!

わたなべ

って気持ちを利用するのです。
この方法で、一度決めた投稿日時を曲げるようになると、一度決めたことを曲げることに耐性がつき、一切この方法が使えなくなるので、絶対に一度決めた投稿日時は変えないでください!

人と約束をする

トレンドアフィリエイト、Twitterアフィリエイト、メルマガアフィリエイト、youtubeアフィリエイト、情報商材アフィリエイト、物販アフィリエイト、いろんなアフィリエイトがありますが、

 

どのアフィリエイトだろうが、『媒体を育てる』という時間が必ず必要です。この媒体を育てるには、一定期間は必ずかかってしまいます。

 

で、その期間1人でやると、挫折してしまう人が多いと思います。

 

そこで、コミュニティに入ることで、周りの人がやっているから自分もやらなければならないという風な風潮になります。

 

ということで、僕が運営している大学1年生コミュニティTeam新世界では、この強制的に記事を書く力を付けてしまうのです。

 

自分で宣言したことには、一貫性を持ちたい!というのが人間です。

 

つまり、一日一記事を書くと決めて、それを他の人に宣言するのです。

 

ですが、1日10記事書く!とかそういうことを宣言してしまうと、まず無理だと思います。そして一度無理になると、宣言したことに対して、引け目を感じて二度と報告が出来なくなります。

 

なので、最初はそれほど無理の無い宣言をするべきです。1日1記事とかで宣言してやっていき、その後に徐々に作業量を上げていけば良いのです。

最後に

実は、「忙しい」と思っている人にも無駄な時間は無限にあり、そこをどんどん削ることで人生は濃いものになっていくと思います。

 

時間を制するものがビジネスも金も制するし、次は金で時間を買えば良い(外注やタクシー移動など)。そうすれば自由な時間がどんどん増えてくると思います。

 

時間管理を意識してアフィリエイトにどんどん取り組んでいってください。

この記事を書いている人 - WRITER -
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら
電子書籍を受け取った方限定で2日目に特別なプレゼント
ブログビジネス大百科特典

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ユニジョブ , 2017 All Rights Reserved.