大学生の間からこれからの働き方を考えよう

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

情報商材とは?これからの時代の主流産業になるだろう。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

ここ数年で、完全に世の中の流れが変わりました。実は情報商材というと一昔前までは、怪しいもので詐欺だとも言われていました。

 

ですが、ここ数年で本はKindleで電子で読むものっていう常識ができたし、有料noteに課金する人もガンガン増えてきました。そのおかげで、誰でも情報を販売できるようになりました。

 

情報の商品のことを情報商材と言いますが、これからは物は売れなくなります。これからの経済を回すのは情報商材です。この記事ではその情報商材について、稼ぎ方からどういうものかまで解説したいと思います。

 

時代に乗り遅れたくない人は、必ず読んでください。

情報商材とは?

情報商材というのは、その名の通り”情報”が”商材”になっているものです。情報商材自体が怪しいわけではありません。実際に情報商材ってたくさんあります

 

例えば、新聞も情報商材だし、ユーキャンも情報商材だし、進研ゼミも情報商材です。他にも以前テレビでCMがバンバン打たれていた、『スピードラーニング』も情報商材です。

スピードラーニング
進研ゼミやスピードラーニングにはそれほど怪しさを感じないと思います。

 


まさか、テレビCMで全国的に詐欺が行われるわけないし、しかも石川遼が出てるし〜

わたなべ


だから、別に情報商材が怪しいわけではありません。本やオーディオブック、CD教材、DVD教材と何ら変わらないわけです。

 

こと『稼ぐ系』の情報商材が怪しく思える人も多いのは事実です。まあそもそもレターが怪しすぎますからね(笑)

 

普通の感覚を持って、普通の教育を受けて、普通の教科書や本のような情報商材を購入してきた人が、ネットの情報商材を見て、怪しく思うことはなんらおかしなことではありません。

 

僕も最初は「うさんくせえな〜」と思ってました(笑)

 

そして、実際にうさんくさいものがあるのも事実です。以下のような言葉で商品を買わせようとする情報商材があるのも事実です。

・コピペで月収100万円
・スマホで3タップで毎日100万円入ってくる
・あなたはお金を受け取るだけ!

とか、

こういうものって購入しても成長が何一つありませんし、一時期お小遣いを稼げるかもしれませんがすぐに廃れて稼げなくなります

 

ただ、僕は人生の中で、高校に行くための塾代よりも、大学受験のための予備校代よりも、自分で生きるための情報商材が一番の自己投資だったと思います

 

そして、


案外誰でもちゃんとやれば起業って出来るんだな〜

わたなべ


って思えたのも情報商材のおかげでした。

情報商材のメリット

何度も改訂される

新鮮な野菜
情報商材は、販売者とお客さんがメールでつながっている状態なので、何度も改訂されます

 

だから、お客さんはいつまででも新鮮な情報を受け取ることが出来ます。書籍やDVDの買い切りだとそういうことが出来ません。書籍の場合新版が出てももう一度書い直さなければなりません。

動画、PDF、音声,メールさまざまな媒体で学べる物が多い

クロスメディア
最近は特にPDFのみというような教材はかなり少ないです。動画や音声もついてきて更にメールサポートもついていることがほとんどです。

 

電車中で通勤通学中はスマホに入れてPDFや音声で勉強することが出来ますし、家に帰って動画で勉強することも出来ます

 

また、説明が適材適所なんですよ。例えば、ツールの設定なんかは動画のほうがわかりやすいですよね。動画に合わせて一緒にやっていったほうがいいです。

 

しかし、具体的なノウハウに関しては、動画授業があってわかりやすいのもいいですが、PDFもつけてほしいな〜って思うこともあると思います。動画だけだと見直すのにめちゃくちゃ時間がかかってしまいます

 

なので、自分の生活スタイルに合わせてどこでも、どのような方法でも学べることが多いです。

販売者と直接つながりやすくて熱心なサポートをしてくれるものもたくさんある

販売者
販売者と直接話せたり、販売者のフォーラムがあったりして質問が簡単にできたりします。一般書籍の場合わからないところが合ってもなかなかそれを質問まですることって少ないですよね。

 

ただ、情報商材というのは、メールで商材が送られてくることが多いので、そのメールへの返信でも質問が出来ますし、フォーラムという形でも質問が出来ます

 

もちろんピンきりですが、きちんとした作者から購入できれば、質問にもきっちり答えてくれる人もたくさんいます。

 

また、作者が直接答えてくれなくても、スタッフが居たり、質問フォーラムが合ったりするので、詰まったところを解決しやすいです。

情報だけでなくツールやテンプレートがついてくることもある

ツール
情報を購入したときに、作業が効率化されるツールが作られていることもあります。

 

アフィリエイトのノウハウを学ぶ場合では、ブログのテンプレートなどもついて来たりします。結構おまけがとても強力なことも多いです。

 

情報商材の中にはおまけ目的に購入する人もたくさんいます。

 


プロ野球チップス現象やな

プロ野球チップス現象

わたなべ


 

著者と直接話せるセミナーなんか特典でついているものもある

本を読んで著者に直接会えるセミナーとかって発売直後で出版記念講演会とかしか無理ですよね。

 

でもこういう情報商材の作者は定期的にセミナーを開催して、実際に交流をしたりすることもあります。本とかDVDよりも著者に近いというのは非常に学びやくて便利です。

 

情報商材のデメリット

稼ぐ方法を学べる情報商材は怪しく見える

稼ぐ系の情報商材というのは、非常に怪しく見えてしまうものです。そして、残念なことに本当に詐欺的商品も混ざっていることもあります

 

初心者では、一見詐欺商品かそうでないかがわかりにくいこともあります。一様に怪しく見えてしまいますからね。

 

わかります。僕も始めてみた情報商材の販売ページの胡散臭さを見て秒速でページを閉じました(笑)これは詐欺だ!って思いましたね(笑)

 

とはいえ、だからといって情報商材=詐欺!って思い込むのはもったいなすぎます。僕は情報商材のおかげで今のような20代で新卒の年から自由な生活を手にすることが出来ています

 

とはいえ、昔ほどひどくはありません。今はインフォトップという情報商材の総合販売サイトが一つ一つの商材をチェックしているからです。

 

あまりにも詐欺的なものはもはや販売することはできなくなっているのです。よって、インフォトップというサイトで販売されている商材は詐欺的なものはありません。

一般書籍に比べると高い

先程話した通り、情報だけが商品ではなく色んなセミナーやサポートなど色々含めて情報商材なので、本と同じような感覚で購入するとかなり高く感じられると思います。

 

僕も初めて情報商材を購入したときは、

 


買おうかな〜やっぱ辞めておこうかな〜

わたなべ


と販売ページを開いては閉じて、開いては閉じて、を繰り返していました。結果的に購入してよかったと思っています

 

もし、あのとき自己投資せずに貯金をしていたら、今頃僕はまた、マクドナルドのアルバイトで1時間を900円ほどで命をバーゲンセル並みのやすさで売りたたいていました。

詐欺じゃなくても目的に合わない商材もある

先程詐欺商材もあるといいましたが、実際よほどリテラシーがない人でない限り完全な詐欺商材を買うことは無いと思います。

 

ですが、詐欺ではないけど選んではいけない情報商材もあります。

例えば、


自由になりたい!

わたなべ


って思っている人にとって、短期間で1度だけ大きく稼ぐノウハウっていうのは意味が無いわけです。

 

1ヶ月で打ち上げ花火のように100万円稼げるノウハウよりも、毎月安定して30万円稼げるノウハウの方が価値がある人だって居ます。

実際僕は、1ヶ月だけ月収100万円になるよりも安定して月収20万円が入る方が圧倒的に価値があると思っています。

 

また、お金を生み出すまでがめちゃくちゃ簡単だけど、労働から抜け出せないビジネスもあります。(せどりや商品を輸入してamazonで販売するというような物販系ビジネス)


せどりとは、安く物を仕入れてそれをamazonやヤフオクで仕入れ値よりも高く販売する手法のことを言う。

自由に暮らしたい人にとってはこのようなノウハウを実践することは、あんまり意味が無いことです。

 

僕は、労働し続けることにも、
突発的に大きく稼ぐことにも
全く価値を見いだせませんでした


 

結局それはサラリーマンのように
時間を切り売りしているのと同じだからです。

 

だから、せどりの商材としては非常に優れているけど、
自由になりたい人のニーズには答えていない
という場合があります。
なので自分の目的に合わせた商材を購入する必要があります。

 

稼げるノウハウはたくさんありますが、

自由になりたい人は自由になれるノウハウを選ばなければなりません

最初に取り組むべき情報商材

僕は、やはり自由になりたいと常々思っていました。

せっかく一度しかない人生を他人の顔色を伺いながら、上司に気に入られるために、昇給のために、差し出すことは出来ませんでした。

 

そのためには、絶対に収入が仕組み化されなければなりませんでした。そのために選んだ情報商材がこちらです。

ネットビジネス初心者用コンテンツ集

この記事を書いている人 - WRITER -
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら
電子書籍を受け取った方限定で2日目に特別なプレゼント
ブログビジネス大百科特典

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ユニジョブ , 2017 All Rights Reserved.