人生の全てをコンテンツ化して「楽しみながら稼ぐ」生き方

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

個性がないことに悩むあなたへ!没個性的な僕が成功した理由!

ナベヤン
WRITER
 
個性を求める危険性
この記事を書いている人 - WRITER -
ナベヤン
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

受験勉強を教えるビジネスをしてはや2年。塾講師を入れると5年近くなるのか。受験生が質問する内容なんてみ〜んな一緒です。

 

一人ひとり違う人間ですが、悩むところなんてみ〜んな一緒です。誰一人個性的ではありません。

 

「俺はこれだけ考えたんだぜ!」というドヤ顔の質問をしてくる人が居ます。でも、それももうすでに経験済みです。「また、このパターンか、」と思うだけです。

 

人はそもそも個性なんてありません。同じような教育を受けて、同じような考え方の親に育てられて、同じような考え方を持ちます。

 

人間ってそんなに個性なんて無いんです。でも、この記事ではそれが悪いと言いたいわけではないのです。むしろ個性を追い求めることは危険だと思っています

 

僕も個性も才能も0でした。いやそれ以下かもしれません。普通以上の努力をしても普通以下の結果しか出ませんでした。

 

でも、今は普通の人と違う生活しています。僕は24歳で新卒です(浪人しました)。でも収入は1年早く就職した(そいつは現役合格した)メガバンクの友達の倍稼いでいます。

 

自動で。上司に命令されることもありません。日々自分の好きなことだけをします。

 

『すごいですね!』とか『才能があるんですね!』って言ってくれる人も時々居て飛び跳ねてうれしいです。でも、僕は普通の中の普通です。自分で自覚しています。

 

むしろ、僕が没個性的じゃなかったら今の自分にはなれていなかったと思います

 

僕にもっと個性があり、才能があれば今の人生は歩めていないでしょう。そんな没個性的な僕がどのようにして人生を変えていったのか。

 

また個性を求めることの危険性についても書いていきます。

個性がないということは人に共感できるということ

さきほど受験生の話をしました。今受験生にされているような質問は僕も当時していました。なぜなら個性がないからです。

 

でも、個性がないということは、日本に居るほとんどの人と共感し、心通わせることが出来るということです。

 

逆に個性というのは、良いように言っていますが、『他人に共感されないこと』だと思います。個性的に見えている人も、実際人々に受け入れられている時点ですでに個性的と言えません。

 

僕からすると個性的で一ミリも理解できない『原宿系ファッション』というのがあります。

ぺこりゅうちぇる

出典:https://pbs.twimg.com/media/CRrIbRRUAAEbBsq.jpg:large


僕からしたら全く共感できないし、未だに個性的だな〜とは思いますが、原宿界隈ではこのファッションがかなり浸透しています。

出典:http://blog.livedoor.jp/harajukuii/archives/13441368.html


原宿”系”ファッションというようにカテゴリーが作られた時点で原宿”系”ファッションという没個性的なものになります。

 

人々の間で流行るものなんてものは結局没個性的なのです。

あなたも持っている個性的なもの

個性は顔で表現すれば良いんです!

 

それ以上の個性なんてあっても仕方がないんです。顔が違えば、それがあなたのアイデンティティであり、それがあなたの個性なんです

 

人はみんな個性的でありたいと思います。いや、ありたいというより自分が特別だと思っています。

 

でも、個性なんて何の役にも立たないです。そんなことよりも普通の人間として、相手の気持ちになれるということは、最強の才能だと思います。

個性がないことを自覚することから始まる

自分が個性がないからと言って悲観する必要はありません。ただ、個性がないことを自覚することは必要です。だってみんな個性なんて顔以外無いんですから。

 

大谷翔平とか藤浪が160km/hを投げられることにすごいとは思っても誰も共感しません。それよりは、ライアン小川のような170cm程度のピッチャーが150km/hを越える速球を投げることのほうが人の心を動かすと思うんです。

ライアン小川
僕が生きるビジネスの世界なんて個性的すぎたら出来ません。むしろ凡人が成り上がっていく方が絶対に共感されます。ビジネスは人の悩みを取り除いて幸せにすることです。

 

だから、人の悩みに共感できない人はビジネスは出来ません。

最強に個性的な人間とは?

この世の中で最も個性的な人間というのは、精神病棟に居ます。誰にも理解されずに、精神が病んだ人として隔離されているのです。

 

彼らは、人の気持ちに共感することができません。

 

今では『普通』が最強の武器です。『普通』のお陰で人と会話してても同じようなツボで笑えます。普通だからある程度人の気持ちもわかります。

 

普通なのに、少し同級生と違う道に進んでしまいました。でも普通であるがゆえにめちゃくちゃ悩みました。でも、今の道に進んでよかったと思っています。

 

スポーツの世界でも、勉強の世界でも、『普通』は役に立ちません。何か最強の個性的な技能や頭脳が無いといけません。

 

しかし、ビジネスの世界は普通ほど最強の武器はないです。いかに人の気持ちを考えて、いかに人の気持ちに寄り添うかがビジネスの成功の鍵なのです。

 

世間一般のような考え方だけではビジネスはうまくいきません。起業家としての考え方も学ぶ必要はあります。それでも、普通であることを忘れたら絶対にうまくいきません

 

僕は、普通です。普通の人間として、普通に受験勉強をしてきました。キャパもめっちゃ普通やと思います。それでも少し同じ普通だった友達よりも結果が出ているのは、やったことが少し変わっているからだと思います。

個性がない人の戦略

没個性的
僕は没個性的人間です。普通すぎることに悩んだこともありました。

 

高校受験で華々しく成功し、大学受験で盛大に失敗しました。高校受験のときは超進学校に上位合格したので自分が天才なんだとばかり思っていました。

 

でも、高校受験合格したのは、他の人が高校受験でそこまで本気を出して頑張らなかったからでした。人よりも頑張ったからであり、特別な才能なんてありませんでした。(受かったときは自分が天才だと思っていました)

 

自分には特別な才能なんて無いし、めっちゃ普通なんだと思いました。僕には個性的な才能も無いし、すごい能力もありません。

 

大学受験のときは毎日毎日勉強しました。12時間ほど毎日やりました。それでも無残に散りました。

 

 

前期試験に失敗し後期試験で合格した大学にかよっていました。『電農名繊』と呼ばれる大学でした。世間的に、企業的には評価が高い大学でした。

 

しかし、僕は高校が進学校だったので学歴コンプレックスに陥りました。

 

だから、僕は学歴ロンダリングをしようと資格取得や色々考えました。でも、これって才能がある人も通る道なんですよ。


学歴を良くするということは、学歴のいい人と争い続けなければならないということです。

 

僕は、個性も才能も無いからこそ、戦略的に人と違う道を通ったのです。わざわざ王道を通る必要はありません。

 

普通の人間は個性がないので、普通にやっていたら普通の結果しか出ません。それならば、場所を変えればいいのです。

 

自分が個性的になるのではなく、取り組むことを個性的にすれば良いのです。僕の場合はブログです。国立大学でブログ初めて就職しなかった人なんて周りで見たことありませんからね(笑)

 

かなり個性的な道です。すると、当時の同級生からすると僕はかなり個性的だし、結果も圧倒的に出すことができています。

 

僕がやっているビジネスを東大に現役であっさり合格した友達がやったら、絶対に僕は負けます。でも、勝てるのは、道が個性的だからです。

 

天才たちは普通に就職してくれて没個性的になってくれます。だから僕は特に個性的なスキルも何もないのに他を寄せ付けない結果を出せるのです。

まとめ

ビジネスでは人に共感することこそが最重要スキルであり、個性なんて一切いりません。

 

個性よりも、他人に共感できる自分のそのスキルを大事にしましょう。そして普通で飛び抜けて才能があるわけではない人は、

 

自分が個性的になる必要はなく、個性的な手段を選べば良いのです。それだけで他の人よりも圧倒的な結果を出すことが出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
ナベヤン
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報発信で自由な人生を手に入れるブログ , 2017 All Rights Reserved.