人生の全てをコンテンツ化して「楽しみながら稼ぐ」生き方

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

世間体を気にした起業をしてホームレスになった友達

わたなべ
WRITER
 
ホームレス起業家小宮山
この記事を書いている人 - WRITER -
わたなべ
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

世間体を気にした起業をして、
ホームレスとしてネットカフェを転々とする
高校の同級生の話。

 

今年の1月に高校の同窓会がありました。

この同窓会は、卒業から5年目に
開催される同窓会で、

 

ほとんどの人が社会人1年目か
浪人して大学4年生でした。
(僕は後者、、、)

 

で、3年生のときに同じクラスで
それほど仲が良かったわけではないが、
しゃべらないことはない、

という程度の同級生と話していました。

 

すると、そいつは、どうやら
休学して起業したと言っていました。
(仮名:小宮山とする)

 

僕の高校は超がつくほどの進学校で、
高校偏差値ランキングでも、
1桁に入るような高校だったので、

 

わざわざリスクを負って
ビジネスをやるようなやつは
いないだろうなと思っていました。

 

だから、なかなか自分以外で学生で起業を
している人がいなかったので、
すごく興味を持っていました。

 

彼は、大学3年生からビジネスを
始めていました。

 

僕も大学3年からですが、
小宮山は現役で大学に合格していたので、
1年先輩でした。

 

どんなビジネスをしているんだろう。
どれだけ稼いでいるんだろう。

 

と思ってどんなことをやっているのか
聞いてみました。

彼がやっているビジネス

「音楽団体と演奏してもらいたい場所のマッチングサービス」をやっているようでした。


 

こういうビジネスのようです。
演奏してもらいたい幼稚園とかレストランと演奏場所がほしい音楽のプレイヤーをマッチングするサービスらしい。

 

利用料としてお金をもらうそうです。
彼は大阪の大学に居たのですが、
休学して東京でやっているそうです。

 

「なるほど、こういうのもあるんだ〜」
と思いつつ

 

「じゃあ、どれくらい儲かっているの?」

と聞いてみました。

 

いや、まだ売上は出てない。

、、、、

 

、、、、、

呆れ顔
え、2年半何してたの?と思いました。

 

「起業準備中」だったそうです。

 

そしてあろうことか報酬が0のまま彼は独立を決心して東京に出てきたそうです

 

そして、僕はあることがきになりました。

家は?

 

わたなべ


いや、ない。
ネットカフェを
点々としている。

小宮山


、、、

 

、、、

世の中色んな人がいるんだな
と思いました。


と言っていました。

 

小宮山さんかっけえっす!(笑)

 

彼は、大阪の大学なのですが、
休学をやめて本格的に、ビジネスを
するために卒業するそうです。

素晴らしいですねw

収入を考えずに理念だけでビジネスをするバカ

小宮山は様々な自己啓発本を読んだのでしょう。
「世の中カネじゃない」とか
「後先考えずに飛び込め!」とか

 

そういう様々な自己啓発本を
読んだ成れの果てが、
ホームレス起業家小宮山の
誕生です。

 

確かに、人と違うことをやる勇気は
めっちゃ重要ですし、
一歩踏み出して今までやっていなかったことに
挑戦することはめちゃくちゃ重要です。

 

しかし、ビジネスはギャンブルでは
ありません。

 

今回のビジネスモデルだって、
まともに計画がなされているように
思えません。

 

これが失敗しても全く
ダメージがないネットビジネスなら
まだしも、

 

自分の人生を賭してやるビジネスを
博打のように選んではいけません。

 

このモデルであれば、
・1回の演奏料を高額にする。
・安い場合は大量のお客さんを集める。

 

この2つができないとまともな売上にならないことは、至極当然です。

 

しかし、小宮山のビジネスは、
集客は地道な営業で大量に集めるなんて
不可能です。

 

しかも、演奏のたびに毎回ついて回るので、
物理的に数を増やすのは不可能です。

 

こうなると、大量に集めるのは不可能
なので、1回の演奏を高くするしか
方法はありません。

 

しかし、このサービスのコンセプトが
やらかしています。

 

お手軽に演奏してもらえる!
という安くてお手軽というところを
押しています。

 

つまり、儲かるわけがないのです。

 

彼は、もはや「起業してかっこいい!」というのと、「なんか尊いことをしてそう」という周りの目のために起業しているのです。

お金が発生しないビジネスは長続きしない

きっちりお金が発生しないビジネスはいずれつぶれます。

 

お金が入れば、今回の場合は、従業員を雇うことができるので、さらなるサービスの強化ができます。

 

広告をかけられるようにもなり、多くの人に良いサービスを知ってもらうことが出来るのです。

 

そもそも金も持っていなくて、経験も乏しい人が、
世の中に革新的に変えるサービスを
リリース出来るはずがありません。

 

理念、やりがい、世間体、
すべてお客さんには全く関係のない
ことです。

 

どんなにいいことをしている気がしても、
商品やサービスがいいかどうかは、
お客さんが決めるのです。

 

そして、良いサービスやいい商品は
お客さんが『お金』という価値基準で
評価をします。

 

お金持ちはたくさんの価値を世の中に
もたらした人であり、
貧乏人はそれだけお客さんに
価値を与えられていないということです。

 

 

というか、

『音楽やっている人と、演奏してもらいたい人をマッチングしたくてしたくて仕方がねえよ!!!!』

なんて人いるのかね?

 

おそらく小宮山も、

「なんかこういうビジネスやってたらかっこいいんじゃね?」

「俺ってもう起業家じゃん!」

とかそういう感じで始めたのだと
思います。

 

それならば、
儲かるビジネスをやればいいわけで、
世間体とかを気にして、
儲かる見込みのないビジネスをやるのは、
アホだと思います。

 

ビジネスは目的じゃない。目的達成のためのビジネス

ビジネスが目的だと変化に対応できません。

 

例えば、僕はメルマガでアフィリエイトをよくやりますが、
そろそろ時代はLINE@だと
思います。

 

別に僕はメルマガでアフィリエイトする
ことにこだわっているわけでなく、
媒体も何でもいいし、

発信する内容だって
特にこだわりはないんです。

 

ビジネスについて話してもいいし、
恋愛について話してもいいと
思っています。

 

ビジネスは目的を達成するための
方法の1つにすぎない
思います。

 

だから、出勤する必要がなくて、
1ヶ月でほとんど働かなくても
サラリーマンの倍以上の収入を
くれるなら僕はバイトでいいのです。

 

僕の目指しているライフスタイルは、

・値札を一切見ずに、好きなだけ
買い物ができる。

・「あ、明日からハワイ行こう」
と思って片道の航空券だけ購入して、
いつ変えるかを決めずに旅行に
行けるような生活。更に一緒に来てくれる
仲間を作ること。

 

・仕事やカネのことを忘れて、
自分の好きな野球や、UVERworldのライブ
に集中する。

 

これらを達成できさえすればいいのです。

 

ただ就職やバイトではこれを達成するのが、
不可能ですよね。

 

だからビジネスをやっているのです。

 

そこに、高尚な理念もありませんし、
世間体もありません。

 

ただただ、自分の人生の質を上げて、
自分の欲求に正直に
生きることだけが目的です。

 

こういう欲望を全部見たした後に、
『理念のあるビジネス』をやればいいと
思うんです。

 

アングラだからこそ稼げる。

小宮山もかなり優秀なやつでした。
おそらくアフィリエイトをやっていたら、
確実に稼げていただろうなと
思います。

 

いや、小宮山だけでなく、
同級生の大体のやつはかなり優秀で、
ほとんどのやつはアフィリエイトで
稼げると思います。

 

しかし、彼らは、
世間体を意識して大企業に就職したり、
小宮山のように世間体のいい
稼げないビジネスをやっているのです。

 

それは、アフィリエイトがまだ
怪しいというイメージが有る。
または、アフィリエイトというものを
知りもしない。

 

というところが原因だと思います。

 

僕は、偉そうに情報発信をしていますが、
まだ2年もビジネスを
やっていませんし、
最初の1年は覚悟もなく、
ぼんやりビジネスをやっていました。

しかし、それでも、
目標へ最短距離の選択を取るだけで、
簡単に他の人よりも有利な
状態になることが出来るのです。

 

世間的にアングラとされている
アフィリエイトですが、
従業員を雇ったりする必要もなく、
収益を自動化することができます。

 

こんなに素晴らしいものは、
この時代にしか実現できなかったと思います。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
わたなべ
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ナベヤン , 2017 All Rights Reserved.