人生の全てをコンテンツ化して「楽しみながら稼ぐ」生き方

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

高学歴で大企業エリートで30代月収1000万円って少ないよね?

ナベヤン
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ナベヤン
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

高学歴でそこそこ役職も上がってきた。月収100万円も稼いでいるし、サラリーマンの中で明らかに勝ち組です。

 

大学生のときや、高校生の時は、目指せ年収1000万円でしたよね。だけど、実際に現実のものになると年収1000万円ってどうですか?

少なくないですか?

 

もちろん、これで満足できる人もいるし、すごい金額なのは間違いありませんが、高学歴を手に入れる努力の引き換えにしては意外とショボくないですか?

 

実際に世の中を見ると、30代を待たずにして月収100万円を達成して年収1000万円を超える人はたくさんいます。

また、年収1000万円だと親に車をプレゼントしてあげたり、家をリフォームしてあげることもできません。後輩に財布を気にせず大盤振る舞いもできません。

 

本当にこれって勝ち組なのか?

今日は、そんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 高学歴エリートでもフルタイムで働いて30代年収1000万円が関の山
  • なぜ高学歴エリートよりも稼げる人が出現するのか?
僕は、高校は超進学校。そこで落ちこぼれて東工大に受験を失敗し、後期試験で中堅国立大学に進学しました。高学歴とはいえないです。

 

しかし、それでも24歳時点で月収100万円を達成しました。

結論を言うと、高学歴の人がフルタイムで基本給制度で働くのは非常にもったいないです。

高学歴エリートサラリーマンは搾取されている

高学歴エリート
はっきりいって、高学歴で30代で年収1000万円は少ないとおもいます。

 

高学歴を得るってことは、もっと評価されるべきだと考えます。日本企業は、高学歴エリートの2割が収益の8割を生み出し、残りの8割の非エリートの人が食わしてもらっている状況です。

 

会社に寄生している非エリートの人のために売り上げをあげているというのが、今の日本企業の高学歴エリートが置かれている状況です。

また、基本的に会社というのはサラリーマンから搾取することでお金を稼いでいるのです。

 

サラリーマンというのは、基本給がありますよね。時々プラスでもらえることもありますが、それ以上はもらえません。なので、基本給以上のお金を稼がせて、それから基本給を引いた分が会社の利益にしているのです

 

この制度は、生み出す利益が少ない社員にとっては非常に有利な制度です。日本の場合一度雇った労働者をなかなか切ることができませんから、あまり成果が出ていなくても雇い続けてもらえます。

 

一方エリート社員は、怠惰な社員と比べても給料が大きく違うことはありません。本来知識労働の場合、エリートと怠惰な人では、10倍以上の収入格差が生まれても当然です。

 

なので、エリート社員は、もっともっとお金を得るべきなのです。

大企業に就職できるほど優秀な人は大企業に就職するべきではない

大企業
大企業に就職できる人は最低限学力水準があって、さらに能力が高いはずです。

少なくとも大企業には誰でも就職できるわけではありませんから。それくらい能力が高い人ほど、大企業に搾取されているのは非常にもったいないです。

 

たとえ大企業だとしても収入を1年で月収を数十万円上乗せすることはできません。ですが、本来東大、京大、東工大に合格するような人っていうのは、十分稼ぐポテンシャルは高いのです。

 

なぜなら、自分で成果をあげることが得意だからです。受験勉強で稼ぐ過程は少なくとも、工夫も必要だし仮説検証が必要です。

 

そして、1日2日で成績が伸びないことへの理解もあります。

ビジネスも1日、2日では結果はでませんが、継続すれば必ず成果が出るのです。そのことを考えると自分で成果をあげる働き方は絶対に向いているのです。

月収100万円を24歳で達成した僕の場合


僕は、前述しましたが東工大に落ちて中堅国立大学に合格しました。

超進学校だったので、化け物じみた能力がある人間をたくさん見て打ちひしがれていました。ですが、そんな僕よりもはるかに能力がある人が僕の目の前から消えました。

 

というか僕が自分が戦う場所をずらしたのです。

だって普通にやったら高学歴の人に勝てないので、自分がやるべきことは自分でビジネスをやることだと考えました。

そしたら1年半ほどで月収100万円を達成しました。

しかも驚くべきことに、月収100万円を達成した僕ですが、特別早いわけでもなく早い人ならば開始数カ月で月収100万円を達成します。

そういうひとを見るとやっぱり高学歴だったりします。

高学歴のあなたが大企業に入ってラッキーだと思っています。

僕からしたら、高学歴の人が大企業に入ってくれると、かなり戦いが楽になります。

実際、僕は成果報酬型の仕事をしていますが、それほど大変ではありません。収入の仕組み化をしているからです。

 

しかもけっこう地味なツールを使ってます。

 

それが、サイトです。このサイトもそうなのですが、今あなたに読んでもらっている記事って、別にあなたが読んでくれている時間に同時刻に書いているわけではありませんよね。

 

これは昔書いた記事です。それを時間を経てあなたが読んでくれているのです。ってことは、これって効率いいですよね。

 

一度書いたものがどんどん資産としてたまってきます。ここに広告を貼っておいたらどうでしょうか?

クリックされてお金になるかもしれませんね。

 

また、なにか商品のリンクを貼っておけばどうでしょうか?

成果報酬でお金がもらえますよね。このような積み重ねで僕は、月収100万円を達成したのです。

 

そして、一度作ってから僕は収入が下向きに落ちたことがほとんどありません。それは、ブログが積み上げ式の労働だからです。

 

いくら高学歴エリートサラリーマンでも、来月会社をサボったら収入は途絶えますよね。最悪職を失う可能性もあります。しかし、僕にはそれがないのです。

 

だから思い切り働く期間をつくって、まったく働かない時期を作ることだってできるんですよ。

高学歴で能力がある人ほど資産になる成果報酬型のビジネスをやるべき

大企業に入れる能力があるあなたはそもそも能力値が高いです。

ですが、その能力を企業のオーナーがふんぞり返って六本木のクラブで女の子に貢ぐお金を稼ぐために使ってはいけないのです。

 

あなたが働いた分、どこかでオーナーや株主という生き物が金を不労で得ているのです

 

それだったらその能力を自分のために使ったほうがいいです。いきなりフルコミッションの仕事をやったほうがいいとはいいませんが、今の会社でお金を稼ぎつつ副業で脱出する準備はしたほうがいいです。

副業でやるには、「資産性が高い」×「成果報酬」というビジネスをやるべきです。やはりそれは、ブログです。

 

副業で取り組みやすくて、始めやすいです。そして、資産性も高いので副業で徐々に資産を蓄積していき、十分稼げるようになってから会社を辞めることも、会社に勤めながら稼ぐこともできます。

 

今回、ブログで稼ぐための電子書籍を作りましたので、ぜひ無料でダウンロードして読んでみて下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
ナベヤン
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ナベヤン , 2018 All Rights Reserved.