インターネットビジネスで自由に生きるナベヤンのブログ

ナベヤンブログ

大学生の時に月収40万円を自動化したブログノウハウとは?

ブログビジネス大百科

大学在学中に月収40万円を自動化させた誰でも始められる7つのブログ戦略の電子書籍を無料プレゼント
月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

月収100万円を完全に自動で稼ぎ自由な人生を送る方法

ブログビジネス大百科

大学院生が研究の合間でもバイトより稼げるネットビジネスおすすめまとめ

ナベヤン
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ナベヤン
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、ナベヤンです。

研究室で大学院生になってからなかなかアルバイトする時間がないな〜

ナベヤン

1日でがっつり稼げるバイトとなるとごみ収集とか、引っ越しとか、きついバイトばっかりだしな〜

ナベヤン

だからと言って大学院生もきっちりお金はかかるんだよな〜

ナベヤン

このような悩みを持っている大学院生の人に研究の合間にやって稼げるネットビジネスをご紹介します。

ちなみに、僕は大学院試験は合格していたものの大学4年生の時に研究の合間でネットビジネスで独立できるほどの金額を稼ぎました。

研究室の中で隙間時間でアルバイトよりも稼げるようになる方法を解説していきます。

大学院生が取り組むことができるネットビジネス一覧

大きく分けるとネットビジネスには実物を扱う「物販ビジネス」と実物がない情報を扱う「情報ビジネス」があります。

物販ビジネスはシンプルで安く仕入れて高く売るビジネスです。海外から仕入れて国内で売れば輸入ビジネスだし、国内のものを海外で売れば輸出ビジネスです。そして、中古品で安く仕入れたものを高く売るビジネスがせどりです。

一方で実際に物を扱わずに、情報を販売したり、インターネット上のみで繋がり情報提供をすることで稼ぐアフィリエイトなどがあります。

ちなみに、僕は大学生の時にこちらの情報ビジネスで起業しました。

ブログでのクリック型広告〜大学院の勉強をアウトプット〜

大学院生は勉強する内容が山積みだと思います。そのような山積みの勉強内容をブログでアウトプットしたらいいのです。

大学院の勉強は難しいのでしっかり理解するにはアウトプットを繰り返して、人に説明できるかが重要だし、それを定着させる必要もあります。

勉強した内容をブログに書くことで脳への定着が促されますし、さらにブログにアクセスが集まれば広告で稼ぐことができます

 

例えば、大学の内容ではありませんが僕は受験勉強の化学についてのブログを作っています。

化学受験テクニック塾(外部リンク)

このように、勉強を解説したコンテンツの需要はかなりあります。かなりあるにも関わらずライバルサイトがほとんどありません。

なので、大学院で勉強したこと。また、学部で勉強したことをアウトプットし、勉強の理解を深めながらもGoogleのクリック型広告であるGoogleアドセンスで稼ぐことができます。

 

 

このようになっております。

Youtubeでの広告収入〜ブログ同様大学院の勉強をアウトプット〜

大学院の勉強内容をブログでアウトプットして広告収入を得る方法もあります。

先ほど紹介したのはブログでしたが、今回はYoutubeです。勉強系においてはブログもそうですが、Youtube系の動画の需要が高いです。

さらに、これからどんどんネット環境が整い、4Gから5Gに変わります。通信環境がガラッと変わることで、どんどん動画の需要が高まります。

 

先ほどの化学受験テクニック塾と同様にYoutubeで受験化学を伝えてきました。Youtubeはチャンネル登録者数が1000人を超えるとGoogleの広告を貼り付けることができます。

Youtuberでもこの方法だけで月に数千万円稼いでいる人もたくさんいます。

また、大学院生が勉強について解説しているチャンネルも実際に存在します。こちらはたくみさんという大学の勉強を情報発信している方です。

このように勉強内容をどんどんYoutubeに発信することができました。

研究が死ぬほど忙しい大学院生におすすめなのは2種類のアフィリエイト

そもそも、アフィリエイトとはインターネットでの営業代行です。広告代理店に登録してある企業の商品をお客さんに売ることでビジネスが成立します。

お客さんが商品を買ったら、その一部のお金がアフィリエイターに届くのです。広告代理店にはいろんな会社が自社の商品を売ってもらおうとしています。

アフィリエイターは本屋さんみたいなビジネスです。

本屋さんはお客さんに本を売ります。ですが、本屋に置いてある本って本屋さんが作った本ではないですよね。

いろんな著者の本が出版社に集まり、その出版社が本屋さんに本を置くようお願いするわけです

このように、アフィリエイター(アフィリエイトする人)は、本屋さんのようなビジネスなのです。

商標アフィリエイト

商標アフィリエイトとは、アフィリエイトできる商品にまつわる記事を書いてその商品の購買意欲の高い人だけを集めて、その読者に記事を販売する方法です。

このようなキーワードは書くべきこともかなり決まっていますし、さらに商品名を検索した人は少なくともその商品に興味があることは間違いありません。

なので、集客することができたらかなり高い確率で商品を販売することができるのです

トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトは、新しい話題に合わせてブログ記事を書き、ライバルが少ないキーワードで集客し、アフィリエイトする方法です。

すごく簡単な例を出すと、「ピコ太郎」っていましたよね。

ピコ太郎っていうキーワードはジャスティンビーバーが紹介したことでバズりました。このピコ太郎がバズったその前の日までは「ピコ太郎」という単語はこの世で誰も検索していなかったわけです。

誰も検索していないキーワードでブログ記事を書いている人はいません。すると、ライバルが少ない状態でサクッと上位表示することができるのです。

さらに先ほど紹介したGoogleアドセンスというクリック型広告を混ぜると簡単に

また、商品紹介でもその商品の新情報などをまとめることで、成約型アフィリエイトもライバルも少ない状態でできます。

ただし、デメリットは当然ながら今ピコ太郎と検索する人はかなり落ちているように、徐々に需要がなくなっていくところです。

とはいえ、初心者が最初に結果を出すにはもってこいなのです。

中古品の転売(せどり)

あまりオススメしませんが、中古品を仕入れてメルカリやヤフオク、Amazonで転売する人もこの世には存在します。

中古品を仕入れてそれを高値で売るビジネスです。このネットビジネスのメリットは、シンプルであることです。安く仕入れて高く売るだけ。

なので、難しいことを考えなくても安く仕入れて高く売ることだけ考えればいいのです。ただし、仕入れをしなければならないので、割と場所の制約があります

 

また、想像して欲しいのですが1万円で仕入れたものが3万円で売れることはそれほど多くありません。

じゃあ、あなたが10万円ほど稼ぎたいとしたら、資金はどれくらい必要でしょうか? 利益率30%もあれば上出来です。よって10万円稼ぎたければ最低30万円ほどの資金を投じて商品を仕入れる必要があります。さらに、それが売れる保証もないしマイナスになる可能性も非常に高いです

さらに、中古品を販売するには「古物商」の免許も必要になります。免許申請にもお金がかかります。

なので、僕はあまりオススメはしません。

家の中の不用品をフリマアプリで売って資金を貯めるくらいならいいでしょう。なので、メルカリで家の中の不要品を売るといいでしょう。

ただし、ある程度高いものを売らないと手数料と配送料であまり利益が出ません。バイトしている方がマシになる可能性があります。

稼いだ方法やこれまでの人生の実績を情報発信する

ネットビジネスは最終形態として自分の実績やこれまでの人生をお金に変える情報発信型ビジネスになります。

自分が歩んできた人生の中で売れそうなものを売るのです。例えば、僕は受験生に受験化学のテクニックをまとめて販売したりしてきました。

そして、情報発信で稼ぐことができればそのあとは時間やお金があまります。なので、そのお金や時間で次の挑戦をして、その挑戦によってまた情報発信できることを増やしていくのです。

何を始めるのにも多少のお金がかかる

ブログを始めるにしても中古品の転売をするにしても元手となる初期費用が必要です。

ブログでは無料ブログと有料でサーバーを借りて作るブログでは結果に雲泥の差が出ます。

 

 

資金の作り方を解説しているセミナーをプレゼントします。初期費用の5万円を合法的に作ることができます。

これは、怪しく聞こえますが、むしろ推奨されているとあるアフィリエイトの手法です。

無料で「ネットビジネス初期費用5万円を捻出するセミナー」を手に入れる

最後に:あなたは本当に大学院での研究が好きですか?

僕の大学では大学の学部を卒業してから大学院にいく人の割合が8割ほどでした(理系単科大学だったので)。

周りのほぼ全員が大学院に行くからそのままの流れで進学した人がほとんどでした。なあなあで研究室をそのまま大学院に進学する人がほとんどでした。

僕はどうしても研究が好きになれなかったし、理系として研究者や技術者として働くのがどうしてもできませんでした。

大学院試験には合格していましたが、どうしても研究に熱意がなかったので、大学院を辞退して自分でネットビジネスで起業することを選択しました。

大学院進学後流されて研究職や実験職、技術職に就いてしまった時本当にあなたは熱意を持って仕事ができますか? 出勤はとんでもない田舎かもしれませんよ?

 

僕は、田舎もいやでしたし、研究も苦手でした。せっかく大学院生になって社会的に認められている間ですので、大学院生の間に自分で生きていくだけの力をつけませんか?

そうすれば、もし、就職して自分に合わなかった時にいつでもやめることができます

 

大学院を卒業する前に就職した後にいつでもやめられる準備をしておくことは非常に重要です。(というか、必須)

この記事を書いている人 - WRITER -
ナベヤン
浪人したにもかかわらず、大学受験に失敗し後期試験の大学に収まる。入学後寮で1個下の同じ高校の現役東大合格者と同部屋になり、学歴コンプレックスが噴出する。またアルバイトで某ハンバーガーショップで働くも奴隷のように雇われることに疑問を持ち、大学3年生の半ばにブログで塾を作ることで起業。受験でネット業界を制圧した。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ナベヤンブログ , 2019 All Rights Reserved.